« ナンバンギセル | トップページ | 秋明菊が咲きました »

2019/09/30

マコモダケ

31_20190930212701 32_20190930212701 33_20190930212701 34_20190930212701

マコモダケと聞いて、娘は、キノコだと思っていた様子。

マコモはイネ科マコモ属の多年草で別名「ハナガツミ」とも呼ばれ、東アジアや東南アジアに広く分布し、日本でも全国の河川や湖沼の水辺に群生しています。マコモダケはマコモの根元に出来る肥大した茎の部分のこと。

マコモには黒穂菌(くろぼきん)が寄生しやすく、感染しているマコモは夏を過ぎると、寄生した黒穂菌の影響で根元の部分の茎が肥大してきます。その膨らんで太くなった茎の部分を「マコモダケ」と呼ぶそうです。

マコモはさながら巨大なイネといった様子で、草丈は2m前後にも成ります。古くから食用や薬用として身近な植物で、日本でも「古事記」や「万葉集」などにもその名前が出ているそうです。

この黒穂菌の胞子は成熟すると墨のように真っ黒で、かつてはマコモダケから採取した黒穂菌の胞子を「マコモズミ」と呼び、お歯黒や眉墨、漆器の顔料などに用いられてきた歴史もあります。

マコモダケはクセがほとんどなく、柔らかい筍のような歯ざわりがあり、ほのかな甘味とかすかにとうもろこしのような香りがします。中国料理ではよく使われている食材の1つです。

今日は、炒め物でいただきました。

 

|

« ナンバンギセル | トップページ | 秋明菊が咲きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナンバンギセル | トップページ | 秋明菊が咲きました »