リンク

« パンダ寒葵が咲きました | トップページ | 我が家の晩御飯 »

銀竜草~大神神社~

31_8 32_5 33_1 35 34_1 36 

大神神社の境内の片隅に、銀竜草が咲いていると聞いたので、早速行ってきました。

葉緑素を欠いているため、植物体の大部分が白色で、その姿かたちを竜にみたて「銀竜草」の名がつけられました。

植物のなかには光合成をやめてしまい、菌類(キノコやカビの仲間)から栄養を奪って生きるものが知られていますが、

ギンリョウソウもそんな「菌従属栄養植物」の一種で、ベニタケ類の菌糸から栄養を得ているそうです。

特に光を必要としないため、暗い森の中でも難なく花を咲かせます。

地上部に植物体が現れるのは、花を咲かせ、実をつけるための約2か月間だけですので、ぜひ探してみてください。

« パンダ寒葵が咲きました | トップページ | 我が家の晩御飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンダ寒葵が咲きました | トップページ | 我が家の晩御飯 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

注目アイテム!!

無料ブログはココログ