« 満天~松江 彩雲堂~ | トップページ | 黄色いスイカ »

2018/07/23

梅の土用干し

41良い天気過ぎて、干からびそうです。

先日、梅の土用干しをしました。

土用とは暦の中の時期を表す言葉の一つ。
毎年7月21日頃から8月7日の立秋前日までの期間を土用といいます。

梅干しの土用干しは7月20日前後の土用入りになってからするものだというのが正しい意味になります。

梅干しの土用干しの作業内容は、梅漬けを梅干しにする為に三日三晩を使って梅を干すこと。

一般的に、この時期が一番晴れの天候が続きやすくまた空気も乾燥していて、一番太陽の熱が強い時期で殺菌効果も期待できるのです。

日中に梅漬けを日光に当てて水分を蒸発させ、浮き出てきた塩の白い結晶を夜露で溶かしてまた梅に戻していきます。

夜露が降らなくても夜間の温度低下で空気中の水分を含んでしっとりとなります。それを三日三晩行うことで梅に塩が馴染み、風味豊かでまろやかな味の梅干しに仕上がるという仕組みです。

 

|

« 満天~松江 彩雲堂~ | トップページ | 黄色いスイカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満天~松江 彩雲堂~ | トップページ | 黄色いスイカ »