« 夏越の祓(なごしのはらえ)~大神神社~ | トップページ | 久し振りの当選品 »

2018/06/30

大祓~伊勢神宮~

515253545556_2 毎年1月と6月に伊勢詣をする我が家。

57_2
今年は、6月30日の「大祓の儀」を奉観させていただきました。
内宮第一鳥居祓所。神宮全神職の罪・けがれを祓う行事が行われます。 身心を清めて、けがれを取り除き、清浄な状態に戻すのです。

けがれを取るのに使われるのが祓幣(はらいぬさ)。
 
 榊の枝に麻を結ぶ。 一般的な神社では麻の代わりに紙の紙垂(しで)を使われますが、神宮では麻。ともに罪や穢れを吸い取り清める意味があります。

一般的な神社では、夏越の祓で 「 茅の輪潜り(ちのわくぐり) 」をされますが、伊勢神宮では、神職全員が低頭され祝詞が挙げられます。
 
 
 
神職が手にした榊は、回収して神域を流れる五十鈴川に流され、最終的に海の塩で清められていたそうです。 現在は、流される事は無いようですが、けがれを吸った道具も清められるのですね。


 

|

« 夏越の祓(なごしのはらえ)~大神神社~ | トップページ | 久し振りの当選品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏越の祓(なごしのはらえ)~大神神社~ | トップページ | 久し振りの当選品 »