« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017/07/31

第61回おんぱら祭奉納花火大会

515253545556




57585970綱越神社は大神神社の摂社で、大鳥居のすぐ近くに社があり、7月31日に例祭が執り行われます。

おんぱら祭りと広く親しまれている呼び名は、夏を健康で過ごせるための「お祓(はら)い」に由来しているといわれていて、無病息災を祈って祝詞を奏上し、巫女が神楽「浦安の舞」を奉納します。

参列者が「大祓詞」を唱和している間に登場するのが、御幣を背中に立てた神馬。本殿を3周します。

最後に神職を先頭にして「夏越(なごし)の祓(はらえ)」が寿命を延ばしてくれるという意味の古くから伝わる歌を歌いながら茅の輪をくぐります。

そして、みなさんお待ちかねのクライマックスの奉納花火大会です。

夜7時半に始まりました。

私たちは、混雑を気にすることもなく、家からのんびり鑑賞させていただきましたnight

| | コメント (0)
|

2017/07/30

ラ・フォルム ド エテルニテ~奈良市~

3132333435靭公園目の前にあったフレンチの名店「 エテルニテ」さん。

パリ名門出身シェフの本格フレンチ『エテルニテ』がカジュアルになって奈良に移転オープン!ご夫婦2人とも奈良・生駒出身であることから、いずれは地元・奈良でお店を持ちたいと思われていたそうです。

奈良市のきたまちエリアに移転してこられたので、行ってきました。ランチは、完全予約制です。

3637383940明日香村で自然栽培による野菜作りをしている『たるたる農園』や、奈良県の北東部にある曽爾村で“オンリーワン野菜”の栽培に取り組む『山浦農園』、奈良県北東部、標高200~600mの大和高原で無農薬・自然栽培による紅茶作りを行う『健一紅茶農園』などの食材を使われています。

630-8266
奈良県奈良市花芝町7-2松村ビル1F
TEL 0742-20-6933

| | コメント (0)
|

2017/07/29

これ、本当なんです

2122ある日の我が家のリビング。

その日採れた野菜を並べて、袋詰めして、会社の方やお友達に食べてもらっています。

わが家は、農家ではありませんが、一日でこんなに採れるんです(笑)

食べていただけて、こちらも助かっています。

| | コメント (1)
|

2017/07/28

ひよこ豆の栽培

1112
今年初めて栽培した「ひよこ豆」。

ぷっくり、ころんとしていてクチバシのようなとんがりのある「ひよこ豆」。

白い可愛い花が咲き、その後、実をつけます。

サヤはぷくっと膨らみ、サヤを破くと1つのサヤの中に1~2個の豆がしっかり固定されています。

もともと湿度が苦手な植物で、今年は、梅雨の時期に雨が多かったこともあり、半分以上は枯れてしまいました。

出来たサヤも少なく、今年は収穫できませんでした。。。

来年、再チャレンジします。

| | コメント (0)
|

2017/07/27

冷たいレモンのラーメン

12
和風だしの旨味+瀬戸内産レモン果汁の酸味+細麺で、すっきり爽やかなラーメンです。

そこに、香ばしいごま&オニオンチップをトッピングするので、旨さ増々。

| | コメント (1)
|

2017/07/26

パパピニョル~埼玉県和光市~

101102103日本初のアーモンド専門店、パパピニョル。

埼玉県和光市にあります。

写真は、左から、クッサンドリヨン、カリソン、ワッカhappy01

細かく小さく砕いた繊細なアーモンド、そして柑橘系のたくさんのフルーツどちらもふんだんに使われています。
そのふたつを丁寧に練り上げたのがカリソンです。

お米から挽いた自家製米粉を使用し、 厳選したオリーブオイルも使用しています。
新鮮なフルーツや野菜をごろりと使っていて存在感たっぷりのワッカ。

クッサンドリヨンは、絹織物のクッションをかたどった様なおしゃれな形の上品なお菓子。

アーモンドは「希望」「真心の愛」「永遠の優しさ」という素敵な言葉をもち、食べる人、贈る人の気持ちや願いの伝わる『心の種』です。旧約聖書にも登場し「豊かさ」「豊穣」「多産」のシンボルとされます。

美味しくて、可愛くて、素敵なお菓子です。

| | コメント (0)
|

2017/07/25

天壇ランチ

818283848586




87焼肉の天壇でランチをいただきました。

つけダレでいただく焼肉。

初めてで、とっても美味しかったです。

水キムチも初めてで、美味しくて、おかわりしましたhappy01

| | コメント (0)
|

2017/07/24

自家製ケチャップを使った料理

9291実が硬くてしっかりしていて、加熱用のトマト凛々子。

玉ねぎとニンニクを炒めて、トマトと香辛料を入れて煮詰めていきます。

最後にザルで越して、トマトケチャップらしくなりましたheart04

9394そのケチャップを使って、ズッキーニピザを作ってみました。

輪切りにしたズッキーニに、ケチャップを塗って、チーズをのせて、トースターで焼きます。

美味しくいただきました。

| | コメント (0)
|

2017/07/23

当選しました~

6162小林製薬さんのキャンペーンに当選しまして、

久しぶりに、現金1万円が届きましたhappy01

嬉しいですね。

どうやって使うかは、考え中~heart04

| | コメント (0)
|

2017/07/22

おみくじ付きATM発見!

5152先日、伊勢神宮にお参りに行った時に、

おかげ横丁で見かけました。

おみくじ付きのATMです。

その日は、銀行のカードを持っていなかったので、おみくじできなかったのですが、

一度試してみたいです。
53

| | コメント (0)
|

2017/07/21

ロータスロード~奈良 西ノ京~

41424344
先日、薬師寺と唐招提寺に、蓮を見に行ってきました。

蓮は仏教では神聖な花とされ、古くから南都のお寺に相応しい花として夏を彩ります。奈良市西ノ京エリアのお寺「喜光寺」「唐招提寺」「薬師寺」は蓮の花が美しいことで知られる名刹です。

奈良・西ノ京ロータスロード三ヶ寺(喜光寺・唐招提寺・薬師寺)共通拝観券を販売中です。三ケ寺共通拝観券は、3200円。拝観料とご朱印(この時期だけの特別なものもあります)の納経料込みで、オリジナルのご朱印帳と散華の特典つきです。

ご利用期間:2017年6月10日(土)~8月16日(水)。

蓮の見ごろは午前中です。蓮の花が境内に咲き誇る時期に、早起きして各お寺へ出かけてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)
|

2017/07/20

奥田ぶどう園~三重県~

31
今年もブドウの季節がやってきました。

奥田ぶどう園さんから、葉書で案内をいただきましたhappy01

| | コメント (0)
|

2017/07/19

本日の収穫

21毎日これくらい、収穫できるんです。

野菜室パンパン。

先ほど届いた、和牛とシュウマイで冷凍室もパンパン。

しばらく買い物は、ダメだな・・・sweat01

| | コメント (0)
|

本日のお届け物

11
本日のお届け物。

なんと、久しぶりの3箱。

キリンのキャンペーン、「に・し・き・ど」に当選しました。

1312に・・・肉

し・・・しゅうまい

き・・・キーマカレー

ど・・・ドーナツ

という、4品。

ビール2本は、また別のキャンペーンで当選です。

今から、パーティーできそう(笑)

| | コメント (0)
|

2017/07/18

桔梗が咲きました

12わが家の庭の桔梗が咲きました。


| | コメント (0)
|

2017/07/17

手作りトマトケチャップ

717273カゴメのトマト「凛々子」の収穫が大量で。

生では食べられない品種なので、トマトケチャップを作ることにしましたrestaurant

鍋でニンニクと玉ねぎを炒めて、くし形に切ったトマトを入れ、調味料とグローブ、ローリエを入れてグツグツdash

あとは、ザルでこします。

出来上がりは、また後日UPしますね。

| | コメント (0)
|

2017/07/16

キュウリの収穫最盛期

81
毎日、キュウリが10本くらい収穫できて、

どんどん溜まっていくので、大量消費に。

わが家は、きゅちゃん漬けよりも、キュウリの佃煮が人気ですnote

| | コメント (0)
|

2017/07/15

上賀茂神社でのコンサートに当選

61_2世界文化遺産・上賀茂神社の荘厳な雰囲気のなかで今年も恒例の「都のかなで」コンサートが開催されます。

ヴァイオリニスト川久保賜紀さんをはじめとした5名のアーティストによるクラシックナンバーの演奏。

招待はがきが届きましたhappy01

1000組に選ばれたようです。楽しみですnote

| | コメント (0)
|

2017/07/14

お中元に三輪そうめん

5554535152桜井市の名産、三輪そうめん。

今年もお中元に、三輪そうめんを送るために、「三輪山本」さんに行ってきました。

明るく広い店内で、たくさんの方がお買い物中。

56今年は、極細の白龍という商品を送りました。

自宅用に、2束だけ購入。早速帰って茹でてみました。ゆで時間は1分30秒。

細いですが、コシがあって、のど越しもいい感じheart04

HPはこちら→ここをクリック

| | コメント (0)
|

2017/07/13

赤福氷

414243
三重県で一番有名な和菓子と言ってもいいのが赤福餅。

ひときわ目を引く大きな看板には、「赤福 宝永四年 創業」の文字が書かれた「赤福本店」。明治10年(1877年)に建てられたという今の建物は、貫禄がありますね。

江戸時代前半、お伊勢参りの旅人をあんころ餅でもてなしたのがはじまりとされており、300年以上時を経た今でも、伊勢みやげの定番中の定番として、多くの人に愛されています。そんな名店「赤福」の、夏季限定メニュー、「赤福氷」。

44赤福氷は、見事なほど盛られています。
キラキラと光が反射して、見ているだけで涼しくなってきます。
たっぷりとかけられているのは、抹茶蜜。自家製の蜜に、厳選した京都の抹茶粉末をブレンドしてつくられているそうです。

崩れないよう注意しながら、スプーンでひと口。
氷は、透明で純度の高いものだけを使用しているそうです。
氷はとても細かく削られていて、すごく上品な口当たり。細かく削るために、繁忙期には、氷削機の刃を一日に何度も交換しているとのこと。

崩した氷の中から姿を現したのは、餅と餡。
この餅と餡は、赤福氷用の特製のもの。餅は冷たい氷の中でも、固くならないように、餡は氷といっしょに溶け出さないように工夫されています。

6月~9月ごろまでの販売ですので、ぜひ、一度食べてみてください。

三重県内の各店舗他、名古屋の高島屋と松坂屋さんでもいただけるようです。

| | コメント (0)
|

2017/07/12

伊勢詣

111213141516




17181920毎年6月中に伊勢神宮にお参りするのですが、今年は、行くタイミングがなくて。

結局、7月になってしまいました。

11日、大和八木駅を6時36分に発車する特急に乗りまして、伊勢市駅までtrain

この日を選んだのは、神様の乗り物とされる神馬が、毎月1日、11日、21日に正宮にお参りするところを見る事が出来るから。

外宮のあとは、内宮へ。

| | コメント (0)
|

2017/07/11

文月の献立~月の舟~

312456




夏野菜の収穫が大量で、消費するための料理をする毎日に追われ、6月は、月の舟でお食事するタイミングがありませんでした。

ですので、2か月ぶりの来店です。

文月の献立は、

先付  毛蟹と焼茄子
椀物  鱧真丈
向付  本日のお造り
冷し鉢 鰻柳川寄せ
焼肴  鮎塩焼
油物  鴨天婦羅と賀茂茄子揚げ出し
酢の物 炙り蛸てっさ
御飯  ちりめん山椒ごはん
デザート 杏仁豆腐

と、こんな感じで、美味しくいただきました。
789
奈良県橿原市縄手町大垣内377-7
0744-29-1567

昼の部 11:00~15:00
夜の部 18:00~22:00
   (土日祝の夜の部は 17:00~22:00)

◆定休日◆火曜日

| | コメント (0)
|

2017/07/10

『GODIVA』のショコラプリン~ローソン~

121122
ローソンで7月4日に発売された、ゴディバのショコラプリン。

3週間限定販売。

フタを開けると、ふわっとカカオの香りがします。

上に乗っているホイップは北海道産の生クリームで作っているそう。上には非常に細かなココアパウダーがかかっています。

口どけはプリンとは思えない滑らかさで、生チョコムースのよう。

お値段は少しお高めですが、食べてみる価値ありですheart04

| | コメント (0)
|

最近のお届け物

111112少し遠ざかっていた運気の小さな波が。。。

キリンの一番搾り。

インターネットの1点で応募するキャンペーンに当選bell

114113こちらは、モンデリーズジャパンのツイッターで応募。

のど飴の詰め合わせですpresent



115116そして、こちらは、FM京都の番組のプレゼント企画。

誕生日の週にメッセージを送ったら、当選しました。

ブリタさんの浄水器です。これ、当選してから、とっても重宝しています。

各企業様、ありがとうございます~heart04








| | コメント (0)
|

2017/07/09

緊急事態発生のその後

94わが家の壁の中にスズメバチが巣を作った。。。

その後。

女王バチをなんとか、退治しました。

女王バチが居なくなったことを確認したので、大工さんに来てもらって、壁の板をはがして、巣を探してもらいました。
919293やはり、小さいですが、巣を発見。

中には、卵も、幼虫もいました。。。sweat01

これで、我が家の安全は保たれましたhappy01



| | コメント (0)
|

2017/07/08

いろいろ頂き物

83素敵なお土産をいただきました。

とても涼しげで、可愛いheart04 このまま飾ってもいいし、山野草みたいな感じのものをいけてもいいかも知れませんねhappy01

858182メロンとマンゴーをいただきました。

メロンは2個入り、マンゴーは3個入りだったのですが、1個ずつちび王子に送ってあげましたpresent

喜んで食べてくれるかな~。

84こちらは、とらやさんのお菓子。

みなさん、いろいろ頂きまして、ありがとうございます~。

| | コメント (0)
|

2017/07/07

七夕にそうめんを食べる

7172
きょう7月7日は七夕。「そうめんの日」でもあります。

桜井市ではきょうから「そうめん条例」が施行されました。桜井市が誇る特産品・三輪そうめんをPRし、全国にそうめんを食べる習慣を広めようとしています。

七夕にそうめんを食べる文化は、歴史あるものなんです。そのルーツは平安時代までさかのぼります。

927年に延喜式という、宮中の作法と儀式を記した法典が作られたのですが、その中で、七夕にそうめんをお供え物にする事が定められているそうです。

ということで、今夜の我が家の晩御飯は、ぶっかけそうめんですrestaurant

| | コメント (0)
|

2017/07/06

明日は、明日香ビオマルシェ

61毎週金曜日は、明日香ビオマルシェの日。

明日香ビオマルシェは毎週金曜日に朝9時から正午まで、
明日香村直営所あすか夢の楽市駐車場で開催される朝市です。
イベント的なマーケットではなく、毎週定時に開催することで、
ここに来て1週間分のお野菜を買ってもらうことが目的です。

「ベジリパ」の吉村さんが作るトマトは、めちゃくちゃ濃くて、甘くておいしいんですheart04
お近くの方は、ぜひお店に足を運んでくださいね。

【出店予定ブース】

・たるたる農園
・のらのわ耕舎
・中原農園
・ベジリパ
・風の森ふぁ〜む
・羽間農園
・organic cafe はなさか
・わっかのパン和(にこ)
・カフェネッコ
・スパイス精進モハマヤバート

| | コメント (0)
|

2017/07/05

談山神社 散華

515253寺院で法要を行う時に、仏を供養するため花や葉を撒き散らすのを散華といいます。

元来、蓮などの生花が使われていましたが、現在は蓮の形を模った色紙で代用することが多くなっています。

談山神社の散華を購入しました。

木版家の宮田渚さんの作品。

木造十三重塔と、けまりと、秋の景色です。

| | コメント (0)
|

緊急事態発生

我が家の中庭に面する、勝手口の壁の中に、どうやらスズメバチの巣があるようです。。。

狭い隙間なので、中を確認することができないのですが、

そこから外に出てくるところを何度か目撃bomb

どう対処するべきか悩んでいます。

でも、今のうちにしないと、大量発生してからでは。。。

| | コメント (0)
|

2017/07/04

さなぶり

41「さなぶり」とは簡単に言えば、田植えを終えた祝いのことです。

田の神が田植えが終るのを見て帰る日と信じられ、この日に田の水口やあぜ、または床の間などに,苗を供えて田の神を祀る風習が日本各地にみられるそうです。

わが家は、田植えはしませんが、ご近所の友達と春の農作業のお疲れ様会を催しましたhappy01

白玉ねぎのサラダと星型キュウリのサラダ。きたあかりとタワラヨーデルのポテトチップス。

トマトのスープと、丁子麩と半白キュウリの辛子酢味噌和え。

メイン料理は、ペペロンチーノと、カルボナーラと、ミートソースのパスタを作りました。

みんな喜んでくれて良かったですhappy01

| | コメント (0)
|

2017/07/03

お気に入りのお菓子

31最近のお気に入りのお菓子はこちら。

味覚糖さんのコロロ。

季節が変わると、また新しい味が販売されるので、ついつい買ってしまいますhappy01

果実感があって、美味しいんですよ。

阪急うめだ本店の地下1階に「UHA味覚糖」のグミをプレミアム化した高級グミ専門店「cororo(コロロ)」があるそうです。

ここでしか買えない味があるようなので、今度並んでみたいです。

| | コメント (0)
|

2017/07/02

カゴメのトマト 凛々子

1112カゴメさんよりいただきました、トマトの苗、凛々子。

4つのうち、2つが盗難にあいまして、残りの2本を、プランターと畑で1本ずつ大切に育ててきました。

初めて、赤く色づいたので、2個収穫しました。

加熱用のトマトですので、皮が硬くて、実がしっかりしています。

どんな料理にしようかな。

沢山収穫できたら、トマトケチャップ作りたいです。

| | コメント (0)
|

2017/07/01

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)~大神神社~

8182
夏越しの大祓は、奈良時代の宮中行事であり、日本最古の宗教儀礼とも言われています。直径約2mの茅の輪をしつらえ、3度この輪をくぐる『茅の輪くぐり』。人形(ひとがた)を流して、半年間の厄落としを祈願します。旧暦の6月末に行われる「夏越の祓」は、半年分のケガレを落とす行事で、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。

大神神社では、6月21日から7月9日までの予定で、拝殿前斎庭に故事に因んだ三つの茅の輪、みわの茅の輪が設けられます。               

『茅』は『チガヤ』という植物で、鋭利な葉を持っています。古人がこの葉により身や心についた汚れをそぎ落とそうと考えたのが、儀礼のはじまりだそうです。

人形(ひとがた)とは、人の形を模した紙の形代(かたしろ)。人形に自分の名前や年齢などを書き、それで体を撫でて人形に罪やケガレを移し、身代わりとして神社に納めます。人形を川に流したり、篝火を焚いたり、水や火を使う神事で清め、厄を落とします。


冷房も冷蔵庫もない時代、蒸し暑くなる7月はしばしば病気がはやりました。体力も消耗するので、甘く食べやすいお菓子でエネルギーを補給し、厄祓いをしていたようです。

「夏越しの祓」の日に食べる伝統的な和菓子があります。「水無月」と呼ばれ、ういろうの上に邪気を祓うあずきがのった三角形のお菓子で、三角形は削りたての氷を表しています。
昔、宮中では旧暦6月1日に「氷の節句」が行われていました。冬にできた氷を山間の氷室(ひむろ)に貯蔵しておき、そこから取り寄せた氷を口にして夏を健康に過ごせるよう祈るというものです。
しかし、庶民にとって氷は高嶺の花。そこで氷をかたどった三角形の生地に厄除けの小豆を散らしたお菓子が作られたのです。「水無月」は庶民の氷へのあこがれからできた銘菓。現在では夏越の祓の日の和菓子として親しまれています。

| | コメント (0)
|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »