« 限りなく水に近いお菓子 | トップページ | 若鮎の季節 »

2016/06/30

夏越の大祓い~大神神社~

7172737475夏越の大祓いのために、大神神社に行ってきました。

雨がパラパラと降る中、空気が澄んだ参道を歩いて、茅の輪くぐりにhappy01


一年を二つに分けた昔の考え方では、6月30日は前の半年の最終日にあたっています。
大晦日が新年を迎えるための大切な日であるように、6月30日も、神に年の前半のあいだの無事を感謝し、収穫までの後半年の無事を祈るための物忌みの日、祓いの日と考えられたのです。

十二月のほうを「年越し」と呼ぶのに対し、六月のほうを「名越し」と呼ぶそうです。

半年の間についた罪・穢れを、身代わりとなる紙の人形に託してお祓いし、清々しい心身に立ち返るための神事。大祓は古代の律令に既に規定されており、由緒ある神事で、現在も全国の神社で執り行わています。

76特に6月の大祓は夏越しの祓と呼ばれ、茅の輪くぐりが行われます。茅の輪の由来は蘇民将来という人が武塔神(むとうのかみ)の教えに従って、茅(ちがや)で作った輪を身につけたところ疫病からの災厄を免れた故事によるものだそうです。

大神神社では、夏至の頃から7月第一週にかけて拝殿の前には三ツ鳥居の形に似せた「三輪の茅の輪」が設けられます。大神様の和魂、幸魂、奇魂それぞれの霊力を受けて祓い清めるためのものだそうです。茅の輪のくぐり方には作法があって、八の字を描くようにくぐり抜けるのが慣わしです。

|
|

« 限りなく水に近いお菓子 | トップページ | 若鮎の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 限りなく水に近いお菓子 | トップページ | 若鮎の季節 »