« 手作りつるし柿 | トップページ | 正倉院展 »

2015/10/29

ご近所さんちのおばあちゃん

41ご近所さんのお話。
90歳くらいのおばあちゃん。

認知症予防のために、毎日1枚、さらしに刺し子をしておられます。

刺し子とは、綿布を重ね合わせ一面に細かく刺し縫いに すること。
簡単な柄だと、あっという間に仕上げてしまわれるそう。

最近は、奥さんが下絵を書き、お孫さんがミシンで縫って仕立てておられるそうです。
下準備にとても時間がかかっているのがよくわかります。

どんどん溜まっていくのでと、たくさん分けていただきました。とっても素敵なふきんで、使うのがもったいないくらいですhappy01

手先が器用な方は、羨ましいです。

42434445

|
|

« 手作りつるし柿 | トップページ | 正倉院展 »

コメント

刺し子ですね
素敵だわ
認知症予防....
私は一体何をすれば良いのかなcoldsweats01

投稿: おばさん | 2015/10/29 22:20

素敵な刺し子の布巾ですね!
毎日1枚・・・コツコツされることに頭が下がります。
縫い目も本当にきれいで、そんなお歳の方が作られたとは思えない出来栄えですね!
私は随分昔に1枚買い求めた物を、今も大事に使っています。 結構お高かったかな?

投稿: tomoko | 2015/10/30 05:23

>おばさま
刺し子素敵に出来ているでしょう
独り占めしないでお友達にももらっていただきました。
皆さんもったいなくておふきんには出来ないと言っていました。
縫い目がそろっていて綺麗でしょう
我が家も台所が華やいでいます

投稿: | 2015/10/30 22:13

>tomokoさん
図案が簡単なのはすぐに仕上がるみたいです
奥さんも図案を考えるのが大変みたいです
家族みんなで、おばあさんを支えていらっしやるのが嬉しいです
私も刺し子をしてみたくなりましたが、
こんなに素敵には出来そうに有りませんcoldsweats02

投稿: スヌーピー | 2015/10/30 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手作りつるし柿 | トップページ | 正倉院展 »