« TAMAシフォン | トップページ | 梅の甘露煮のはずが、梅ジャムに »

2015/06/30

夏越しの大祓(おおはらえ)~大神神社~

12梅雨の間の晴れの日。友達と大神神社にお参りに行ってきました。


今日は6月30日、夏越しの大祓(おおはらえ)の日です。

大祓は6月晦日と12月大晦日の年2回。半年の間についた罪・穢れを、身代わりとなる人形に託してお祓いし、清々しい心身に立ち返るための神事です。

38大祓は古代の律令に既に規定されており、由緒ある神事で、現在も全国の神社で執り行わているそうです。

特に6月の大祓は夏越しの祓と呼ばれ、茅の輪くぐりが行われます。

大神神社では祈祷殿前に茅の輪を設置し、大祓の後で「みわの茅の輪神事」として古歌「水無月の 夏越しの祓 する人は 千歳の命 延ぶといふなり 」 を唱えながら神職・参列者全員が茅の輪をくぐります。

45679また、夏至の頃から7月第一週にかけて拝殿の前には三ツ鳥居の形に似せた「三輪の茅の輪」が設けられ、この期間に参拝者はこの茅の輪をくぐり、暑い季節の無病息災を祈ります。

茅の輪は、大きな輪がひとつ設置されるのが一般的。でも、ここ大神神社は、3つの輪が並んでいます。ご神体の御山の三輪山と拝殿の間にある『三ツ鳥居』の形。 3つの鳥居が組み合わさったような『三ツ鳥居』は、大神神社の特徴のひとつです。

|
|

« TAMAシフォン | トップページ | 梅の甘露煮のはずが、梅ジャムに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TAMAシフォン | トップページ | 梅の甘露煮のはずが、梅ジャムに »