« 江包・大西の御綱祭り | トップページ | 樫舎のおぜんざい »

二月堂 竹送り

61626364

昨日、お天気が良かったので、二月堂まで散策。

2月11日は、竹送りの日でした。

「お水取り」の名で知られる東大寺・二月堂の修二会(しゅにえ)。その中で「籠松明(かごたいまつ)として使われている真竹を「お水取りの行」によって二月堂まで届けます。 毎年211日の早朝、周囲が20cm、重さ100kgほどもある根付きの真竹を7本掘り起こし、観音寺で道中の安全を祈願する「竹寄進」の法要のあと、二月堂に向かって出発します。

奈良・黒髪山まで車で運び、そこから旧奈良街道の4kmほどの道のりを進んで、二月堂まで届けられます。 第二次世界大戦や昭和28年の風水害によりしばらくの間途絶えたが、昭和53年、市民によって結成された「山城松明講」により約40年ぶりに復活しました。

奈良坂の般若寺の手前、西福寺の近くで大八車を組み立てトラックに積んできた竹を積み替えます。

65竹送りの他に、お水送りと言う神事が小浜市の神宮寺で19:00に行われます。白装束の行者さんや参拝客さんが大小の松明を持って神宮寺を出発します。
遠敷川沿いの上流の道、2キロまで行進して、法螺貝が鳴らされる時に、僧侶さんは竹筒に入った「お香水」を川に注ぎます。

この水が、地下を通り、10日間かけて東大寺に湧き出ると言われています。

|
|

« 江包・大西の御綱祭り | トップページ | 樫舎のおぜんざい »

コメント

奈良には古代からの由緒あるお寺や神社が多いだけに珍しいお祭りが多いですね。
竹送りも珍しいですが前のブログの大西のお縄祭りも面白いというか何ともユニークなお祭りですね。
シカの目がかわいいです。happy01

投稿: 我妻久子 | 2015/02/12 21:46

>ひさこさん
竹送りに続いて色々な行事がお水取りまで続いていきます。
太い竹が寝付きのまま運ばれていました。

投稿: スヌーピー | 2015/02/13 15:22

大きな竹なんですねえ。
さだまさしが歌にしている東大寺のお水取りですよね。
香水が十日間で湧き出る・・・
良いなあ。。。

投稿: くちかずこ | 2015/02/13 16:26

懐かしく思い出します!
数年前にツアーでしたが、お水送りに行きました。
毎年必ず雪になるの。っと地元の方が云われる通り冷たい雪に凍えながら、香水を注ぎ入れる場所まで歩きました。
竹送りの行われるお寺も行き、いよいよお水取り。
流れが解って理解が深まった旅でしたよ。

投稿: tomoko | 2015/02/14 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江包・大西の御綱祭り | トップページ | 樫舎のおぜんざい »