« 奈良太郎 | トップページ | ショートケーキクッキー »

2015/02/27

安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)

1
「悪い縁を切り、良縁を結ぶ」ことで有名な安井金比羅宮。
祇園の中心にあり、「悪い縁を切り、良縁を結ぶ」ご利益のある神社です。

崇徳天皇は讃岐の金刀比羅宮(ことひらぐう)でいっさいの欲を断ち切ってお籠(おこもり)されたことから、「絶つ」ご利益で信仰を集めています。また、戦によって寵妃 阿波内侍(あわのないじ)とお別れにならざるを得なかったため、幸せな男女のえにしを妨げるすべての悪縁を絶ち切ってくれます。

23境内に入ると誰しもが目にする「縁切り縁結び碑」。高さ1.5メートル、幅3メートルの巨石で、中央の亀裂を通して中央下の円形の穴に神様の力が注がれているそうです。

形代(かたしろ)という身代わりのお札に、切りたい縁や結びたい縁の願い事を書き、形代を手に持って石にある穴をくぐります。手前から向こうにくぐると縁が切れ、向うから手前にくぐると良縁を授かります。最後に形代を碑に貼って祈願します。

恋愛から、志望校、お酒、ギャンブル、そしてなんと、夫の浮気など、本当に様々な縁のお願い事があるようで、最近は、全国各地から来られる方が後を絶たないようです。

住所

京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70

アクセス

▼JR 「京都」駅
→市バス 206系統・北大路バスターミナル行「東山安井」下車 南へ徒歩約1分

▼京阪電車 「祇園四条」駅・阪急電車「河原町」駅下車
→市バス 207系統・九条車庫行「東山安井」下車 南へ徒歩1分

|
|

« 奈良太郎 | トップページ | ショートケーキクッキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良太郎 | トップページ | ショートケーキクッキー »