リンク

« ブラックベリーの収穫 | トップページ | まほろば陶染房作品展 »

2014/06/19

柿の葉すしを作りました

21 22 奈良県の南部地方で食べられている郷土料理、柿の葉寿司。

一口大の酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせ、柿の葉で包んで押したお寿司で、柿の葉には殺菌効果があるといわれており、包むことにより数日程度の保存に適するようになる。

いろいろな有名店がありますが、久しぶりに自分で作ってみました。

親戚の人に、専用の木箱を頂いたので、使ってみたくなったのです

特に、作って2日目が味がなじんで美味しいように思います。ただ、柿の葉に包むのがうまくできなくで、いびつな形になってしまいました。
ご飯の炊き加減や、酢の効き具合は、良かったです。

今回は、自宅の柿の木の葉を摘んで、綺麗にして包んでもみたのですが、我が家のは小さすぎて、特に包みにくかったです。
柿の葉は、やわらかくするため、あるいは殺菌効果を高めるため、塩漬けにする場合もあるようです。
また柿の葉は渋柿のほうが良いとされています。
それは、葉が大きくて柔らかいので、包みやすいからではないかと思います。

一生懸命作って、80個ほど出来上がりました。

何かイベントの時などはいいですが、普段は、お店で買って食べるのがいいね~という結論にいたりました

« ブラックベリーの収穫 | トップページ | まほろば陶染房作品展 »

コメント

柿の葉すし、3月までの朝ドラ、ごちそうさんで出てきましたね。
柿の葉すしが関西にあるのは知っていましたが仙台ではめったに食べられないですし、つくりか方も難しそうで幻のすしになっています。
柿の葉すしを80個も作るなんて尊敬してしまいます。
作るのは大変だったでしょうが、やはり手作りが美味しかったでしょうね。

>久子さん
海の無い県では保存食用なんでしょうか!
普通のお寿司より酢の量が少し多いようです。
塩さばと鮭の二種類を作りました。
あくる日の方がなじんで美味しいです。皆さんにおすそ分けして美味しく頂きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラックベリーの収穫 | トップページ | まほろば陶染房作品展 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

注目アイテム!!

無料ブログはココログ