« ラフェスタプリマベラ2014 | トップページ | 高見の郷~東吉野~ »

2014/04/21

花山椒の佃煮

31 32 山椒の木の若葉は、木の芽と呼ばれ、和食によく用いられます。山椒の木には雄株と雌株があり、サンショウの実が成るのは雌株のみです。

花は、4月〜5月頃開花し、直径5mmほどで黄緑色。雄花は「花山椒」として食用にされます。雌花は若い果実、または完熟したものを山椒の実として利用します。

近くの直売所で並んでいるのを見つけて、買ってきました。

本当に短い時期しか、販売されませんので、見つけたらすぐに購入して、佃煮を作るようにしています。

33 冷奴にのせたり、麻婆豆腐の隠し味にしたりして、活用しますhappy01

|

« ラフェスタプリマベラ2014 | トップページ | 高見の郷~東吉野~ »

コメント

わが家の山椒は雄かな雌かな
実がつくので、雌だろうか
昨年は実をとり煮ましたが、結構
役立っています、ピリ辛で美味しいわね

投稿: おばさん | 2014/04/21 21:31

>おばさま
雌株です。
山椒の実が成りますからね
雄株は花が咲くと実が成らず落ちてしまいます。
実山椒も煮たり湯こぼしをして、青い色を残しておくとチリメン山椒に入れると良いです。
冷凍で長く楽しむ事が出来ます。

投稿: スヌーピー | 2014/04/21 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラフェスタプリマベラ2014 | トップページ | 高見の郷~東吉野~ »