« 今年も咲きました | トップページ | 春の使者 »

2014/04/16

東大寺本坊襖絵(ふすまえ)一般公開~奈良市~

3234 先日、奈良文化会館国際ホールでの奈良フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会終了後、あまり時間はなかったのですが、 東大寺本坊襖絵(ふすまえ)一般公開を見に行ってきました。

拝観・展示の内容は、

東大寺本坊大広間

聖武天皇・光明皇后御影(2006年 小泉淳作画)
襖絵40面(2010年 小泉淳作画)
銀大香炉(大正天皇ご下賜)

東大寺本坊内天皇殿

聖武天皇坐像(江戸時代)
菩提僊那僧正坐像(2002年)
青龍香炉(せいりゅうこうろ、1980年 帖佐美行作)
白鳳凰華瓶(はくほうおうけびょう、1980年 帖佐美行作)
輿(1914年(大正3))

3133肖像画である「聖武天皇・光明皇后御影」は、平成18年に行われた聖武天皇1250年御遠忌法要を記念して、また、「東大寺本坊襖絵」は平成22年に行われた光明皇后1250年御遠忌法要を記念して東大寺に奉納されたそうです。

ともに日本画家、故小泉淳作画伯による作品です。
特に「蓮」・「桜」を中心とする40面にもおよぶ襖絵は、5年もの歳月を費やして描かれた力作です。写真撮影が出来なかったので、パンフレットとチケットの半券ですが、本物は、とても感動しましたnote

|
|

« 今年も咲きました | トップページ | 春の使者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も咲きました | トップページ | 春の使者 »