« 11月の朔日餅~えびす餅~ | トップページ | とんかつ料理と京野菜 鶴群(たづむら) »

2013/11/02

水煙降臨展~奈良 薬師寺~

1 昨日、お友達が東京から日帰りで「正倉院展」を見にきました。その後、薬師寺で開催されている水煙展を一緒に見に行きましたhappy01

薬師寺の解体修理中の東塔から降ろされた、天平時代の水煙の展覧会です。薬師寺で唯一の創建当初からの建造物である東塔(国宝)。水煙とは、塔の九輪(くりん)の上にある火炎状の装飾金具。火事の連想を避けると同時に水難をおさえる意味も。今回の公開は実に61年ぶり。土日祝日に行けば、30分の法要を聞くことができますよnote

文化財展には珍しく、写真OKなのは、ありがたいです。図録もちゃんと買いましたよ。

27

これが1200年以上前のものだと思うと、日本人としての誇りを感じます。

九輪て、下から順に填め込んであるだけなんだそうです。

384_2 5_2薬師寺の水煙に透かし彫りされているという、諸仏の周囲を飛行遊泳し礼賛する天人6_3 「飛天」24人を間近で見ることができるほか、東塔の四天王像も観覧することができる。 この透かし彫りの飛天(楽人)が、素朴でとっても素敵でした。

後ろに写っているのは、補修材となる、樹齢1000年の台湾ヒノキ。国内にはもうこのサイズはないんだそうです。

ぜひこの機会に、行ってみてください。

開催日時は9月16日~11月30日、8時30分~17時(受け付け終了16時30分)まで。

薬師寺
奈良県奈良市西ノ京町457

|
|

« 11月の朔日餅~えびす餅~ | トップページ | とんかつ料理と京野菜 鶴群(たづむら) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月の朔日餅~えびす餅~ | トップページ | とんかつ料理と京野菜 鶴群(たづむら) »