« 押花展覧会~橿原ロイヤルホテル~ | トップページ | 自家製つるしがき »

2013/11/26

栗の葛焼き~和久傳~

41

松の形に成型した紙製の箱はコロッと丸みを帯びていて可愛いですhappy01
蓋を開けると 個別に包装された葛焼が3つ。
裏ごしした国産の栗を本葛で練り上げ、和三盆で優しい甘さに仕上げた葛焼です。
和久傳さんの葛焼は、電子レンジで温めて食べるんです。
袋に入れたまま、電子レンジで20~30秒軽く温める。すると、ほんのり温かな葛の生地がもっちり!栗は所々に塊りが入っていて、ホクホク。
栗は自然な甘さで、和三盆の甘さもまろやか。
温めることにより、甘みが増し、栗の風味が口の中で広がります。
42 43 <引用>
高台寺の和久傅でお食事の後にお出ししていた葛焼きです。
直前に焼いて中まで焼きたての温かさが伝わってやわらかい食感も口の中でとろけそうなほど。
その、できたてでしか味わえないおいしさをぜひ味わっていただきたいと存じます。
涼風が立って、栗がはぜて、栗のかけらが入った温かい葛焼きをほおばると、新秋実感です。

葛(くず)を使った体にやさしいお菓子です。
電子レンジ、または匂いや油気のないテフロン加工のフライパンなどで温めてお楽しみください。

秋:栗の葛焼き
販売期間:9月1日~11月30日

冬:柚子の葛焼き

|
|

« 押花展覧会~橿原ロイヤルホテル~ | トップページ | 自家製つるしがき »

コメント

今晩は
こんなのもあるのですね。

何度か頂いた鯛の味噌漬けが美味しいと思ったのですが・・

左党の私もこういうのは結構好きです。
この時期ならではなのでしょうね。

投稿: エノさん | 2013/11/28 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 押花展覧会~橿原ロイヤルホテル~ | トップページ | 自家製つるしがき »