リンク

« トマト大量収穫 | トップページ | DearGreen~五條市なつみ台~ »

キンミズヒキ

41 42 我が家の中庭で、キンミズヒキの花が咲き始めましたhappy01

金という名前ですが、実際には、黄色です。

盛夏から初秋にかけて、キンンミズヒキ(金色の水引)、ミズヒキ(水引)と呼ばれるめでたい名前を持った花が野山を彩る。 ただし、キンミズヒキはバラ科、ミズヒキはタデ科で、全く別の種類の花だそうです。名前の由来はミズヒキの方が基で、上から見ると赤、下から見ると白の花と細長い花穂の形から、それを冠婚等の慶事で用いられる水引(みずひき)に例えて名付けられたんだとか。キンミズヒキの種子の表面には刺(とげ)があって移動する動物にくっついて子孫を残します。

ミズヒキはその姿、形が愛でられ、茶花や生け花として古くから親しまれ、そのめでたい名前からも日本人に愛された花で、 「かひなしや 水引草の 花盛り」 と子規が詠んでいる。
仲間に白い花を付けるギンミズヒキや、ミズヒキと全く同じ様に見えるが茎が空洞で葉の形が少し異なるシンミズヒキがあります。

キンミズヒキは、この花に花の付き方や花穂の全体像が似ていて黄金色の花を付ける事から金色のミズヒキ、つまりキンミズヒキ(金水引)となったと言われている。
キンミズヒキは盛夏の頃に花を付け始め、ミズヒキは若干遅い晩夏から初秋にかけて山野でみられます。

« トマト大量収穫 | トップページ | DearGreen~五條市なつみ台~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トマト大量収穫 | トップページ | DearGreen~五條市なつみ台~ »

注目アイテム!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

無料ブログはココログ