« カタクリの花~宇陀市大宇陀~ | トップページ | 春旬たけのこ御飯 »

2013/04/03

薬師寺の花会式~奈良市西ノ京~

4142 薬師寺の修二会法要である『花会式(はなえしき)』が始まりました。
3月30日から4月5日まで行われ、最終日は『鬼追い式』という行事が行われます。

43 44 45 『花会式』という呼び名ですが、これは本尊である『薬師三尊』に十種類の造花を華やかに供えて行われることから来ています。
この造花は顔料などを用いずに、薬草などで染められているそうで、結願後にはこの花を持ち帰り、煎じて呑むと身体に良いと言われているそうです。

4647  薬師寺の花会式では、午前3時が後夜(ごや)、午前4時半頃が晨朝(じんじょう)、午後1時が日中(にっちゅう)、午後2時半頃が日没(にちもつ)、午後7時が初夜(しょや)、午後8時半頃が半夜(はんや)と、一日6回勤行があります。

後夜と晨朝、日中と日没、初夜と半夜は続けて行なわれます。薬師如来の前で罪を悔い、平和などを祈る勤行では、練行衆たちのコーラスのような声明が堂内に響きます。

勤行では毎回、練行衆のうち一人が「時導師」と呼ばれる声明の進行役になり、時導師は本尊・薬師如来の前に向き合って座り、リズミカルに節を付けながら声明の先頭を切ります。
一句ごとに立ち上がって礼拝し、柄香炉を持って体を反らせながら唱え、大きな声で仏の名前を繰り返し唱え、最後は薬師如来を短縮して「南無薬(なむや)ー」とありったけの声を張り上げて叫ぶように祈ります。525153

夕方5時に門が閉まったあと、6時半にまた開門して夜の勤行に参加することが出来るようです。

詳しくはこちら→奈良 薬師寺

   

|
|

« カタクリの花~宇陀市大宇陀~ | トップページ | 春旬たけのこ御飯 »

コメント

薬師寺
高校生だったか中学生だったか
忘れましたが、一度行きました。
当時の俳優 市川雷蔵さんに似た
僧侶さんが説明をして下ったこと
覚えています。

投稿: おばさん | 2013/04/03 20:35

>昔の修学旅行は奈良や京都でしたね。
二月堂の修二会も有名ですが、薬師寺でも修二会が行われているのですよ。
近くに住んでいても解らない事が一杯あります。
今回は招待状を頂いたので出かけました。
写経もしてまいりました。

投稿: スヌーピ | 2013/04/07 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カタクリの花~宇陀市大宇陀~ | トップページ | 春旬たけのこ御飯 »