« おはらい町 | トップページ | 伊勢といえば赤福 »

2013/01/25

冬の風景~三輪~

1 奈良県桜井市は、昔から三輪素麺が有名ですhappy01

2手延べそうめんが奈良で発展したのは、奈良盆地の厳しい冬と良質の水が、上質なそうめん作りに適していたから。

今でも冬には屋外でそうめんが天日干しされ、青空と白いそうめんが織りなす独特の風景が、奈良の冬の風物詩となっています。

地元に住んでいる私も、最近はあまり見なくなったこの風景を、久しぶりに見ました~heart04

夏の食べ物というイメージが強い素麺ですが、冬にはあったかいお出汁で「にゅうめん」として食べてもおいしいです。一年中楽しめる昔ながらの保存食です。

手延べそうめんの製造シーズンはこの時期。細くてコシがあるそうめんを作るには、冬の寒い気候が続くこの季節が最も適しているんだそうです。

そして、冬の間に作られたそうめんを、貯蔵倉庫の中で1、2年寝かせます。こうして、茹でてもコシが強く、茹でのびしにくい麺へと変化し、おいしいそうめんが出来上がるのです。

大神神社に参拝の後、ぜひ食べてみてください。

三輪そうめん山本→ここをクリック

千寿亭→ここをクリック

吉田麺業→ここをクリック

|

« おはらい町 | トップページ | 伊勢といえば赤福 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おはらい町 | トップページ | 伊勢といえば赤福 »