« テントンのチーズケーキ | トップページ | 紀伊半島大水害から1年 »

皮のまま食べられるブドウ

61 62 毎年楽しみにしている、この時期のフルーツheart04

皮のまま食べられるブドウ、「瀬戸ジャイアンツ」ですhappy01

「瀬戸ジャイアンツ」とは品種名で、「グザルカラー」と「ネオ・マスカット」というぶどうをかけ合わせて作られました。

皮が薄いので、食べた時の「パリッ」と弾けるような食感があり、そのあとに爽やかな甘酸っぱさが口の中に広がります。

瀬戸ジャイアンツは、種や果皮を気にせずに調理できるので、ジュースやゼリー、シャーベットなどのデザート、ジャムなどにもとっても使いやすいんですよ。

粒の表面の茶色は、食べ頃のしるしなんですよnote

|
|

« テントンのチーズケーキ | トップページ | 紀伊半島大水害から1年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テントンのチーズケーキ | トップページ | 紀伊半島大水害から1年 »