« 節分祭  大神神社 | トップページ | 奈良を紹介する雑誌がたくさん~ »

冨久豆~たねや~

2 1 節分菓子「富久豆」は一つひとつ手作りのお多福さんのお面に、
砂糖がけした煎り豆を納めました。
ゆかしいならいにちなんだお菓子で、節目の日をいろどります。

形は変われど、新しい季節のはじまりに幸いをねがう気持ちはいつの時代も変わらないものです。

鬼が嫌うといわれる柊の飾りもついていました
中を開けると、お多福さん登場。
お多福さんの下には、砂糖がけのお豆も入っています3happy01

富久豆は縦15・5センチ、横幅11・5センチの手作りのお多福面と、北海道産の大粒の大豆「たまふくら」に砂糖をからめた豆菓子などがセットになった縁起物。

もち米粉や砂糖、ツクネイモなどを原料に型枠にはめて面を作り、イカスミで髪の毛を、食紅で唇などを手作業で描いているんだそうです。 全て、食べても大丈夫な材料で作られています。

無病息災など厄よけに御利益があるとされ、食べずに部屋に飾る人も多いようです。

|
|

« 節分祭  大神神社 | トップページ | 奈良を紹介する雑誌がたくさん~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分祭  大神神社 | トップページ | 奈良を紹介する雑誌がたくさん~ »