リンク

« いちご  古都華 | トップページ | おかげ横丁 »

奈良のお雑煮

11 今日は1月6日。

みなさん、御餅はいくつ食べましたか~

私は。。。まだあんまり食べていませんね。

奈良の雑煮は、一風変わっていて雑煮の中に入れた餅を、お皿に移して、砂糖入りのきな粉につけて「あべかわ餅」のようにして食べます。

椀の中には、人の頭になるように頭芋(ヤツガシラ)、豆腐は白壁の蔵、コンニャクは土蔵の象徴で蔵が建つようにと四角く、丸く一年過ごせるように、餅は丸餅、大根、ニンジンは輪切りに、きな粉の黄色は、米の豊作を願うなど、家族の健康と子孫繁栄を願っています。

« いちご  古都華 | トップページ | おかげ横丁 »

コメント

地域でそれぞれの食べ方があり、面白いですね。
謂れはまさにその通りで、昔の人たちは
偉かったと改めて感じています。
このような言い伝えはしっかり守り
次世代に繋げたいですね。

奈良のお雑煮知ってるんですけど、生まれてから一度も食べたことがありません。
食べてみようかと思いつつ・・・勇気が( ´艸`)

>おばさま
先祖代々受け継がれている行事が私の住んでいる地域では沢山あります。
今年はうるう年で庚申さんのとうげと言う行事が一番やってきます。
これには樫木が使われます。

≫お天気ママ
奈良のお雑煮は丸く切った大根とにんじんや小芋お豆腐なんですがお汁から出してきなこにまぶしてあべかわみたいにして食べるのですよ。
我が家は青豆きなこでお米屋さんで炒ってもらっています。
一度試してみてくださいね。
美味しいですよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いちご  古都華 | トップページ | おかげ横丁 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

注目アイテム!!

無料ブログはココログ