リンク

« 京都 松栄堂~お香~ | トップページ | 本を買いました »

大祓 みわの茅の輪神事~大神神社~

10051 52 53 55 56 57

みなつきの なごしのはらえするひとは ちとせのいのち のぶ(延)というなり

大神神社には、6月30日の「夏越祓(なごしのはらえ)」の
茅の輪」が設けられていました。夏越大祓祭は、日本最古の宗教儀式の一つで、半年間の罪の汚れを祓い、残りの半年を無事に送れるよう神に祈る祭りで、大きな「茅の輪」を安置して、これをくぐると厄除・悪疫退散になると伝えられ、各地の多くの神社で神事が行われます。
通常は一つの茅の輪ですが、三輪山を御神体と仰いでいることに由来して、大神神社では、榊・杉・松(左から)を飾った三つの茅の輪を、「みなつきの~」の古歌を唱えながら、杉→松→榊の順番に本殿に向かってくぐり抜けるように説明が書かれていました。

また当日参列出来ない方のために、5月中旬より社頭に「人形」が準備されていて、郵送による受付も行われているそうです。大神神社の「大祓(おおはらえ)」の儀式は、6月30日午後3時から、自由に参列。

<引用>
「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」は祈祷殿にて祭典が行われ、祈祷殿前に設けられた「茅の輪」を斎主以下祭員、そしてご参列の方々と共にくぐります。

 この「夏越の大祓」とは、お正月からの半年間についた罪・穢を、自分自身の身代わりとなる「人形(ひとがた)」に託し、その「人形」に種々の災いを吹き移し、身も心も清清しい本来の姿を取り戻して、残る下半期を元気で健康に過ごす為の神事です。
 当日参列出来ない方は拝殿前の三ツ鳥居にちなんだ三つの大きな「茅の輪」をくぐると良いそうですhappy01
   
 

« 京都 松栄堂~お香~ | トップページ | 本を買いました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都 松栄堂~お香~ | トップページ | 本を買いました »

注目アイテム!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

無料ブログはココログ