« 奈良大和路の花の御寺 長谷寺 | トップページ | 長谷寺の朝の勤行 »

夏越の大祓~大神神社~

1 2 3 4 5 6 7

6月30日は「夏越の大祓」と呼ばれる神事が行われる日です。

神社では、6月末と12月末に、半年の間に知らず知らずに犯した罪や心身の穢れを祓い清めて、正常な本来の姿に戻るための「大祓」が行われます。6月を夏越しの祓、12月を年越しの祓とも呼びます。

平安時代に制定された法律書の「延喜式」には、この大祓の祝詞が載せられており、古くから行われていたことがわかります。
人形(ひとがた)・形代に自らの罪穢れをうつし、神社で神事のあと、川や海にそれらを流し罪穢れを祓います。
また穢れを祓う茅を輪にしてくぐったり、身につけたりもします。

茅輪をくぐり越えて罪穢れを除き、心身の清浄ならんことを祈請するので「輪越(わごし)祭」「茅輪くぐり」ともいわれます。
茅とは、ち、かや、ちがや、で、菅(すが)、薄(すすき)などの多年生草木のことです。

この「夏越の大祓」は、日本のみならず全世界の穢れを取り除き、調和を祈願するために全国の神社で行われています。
ということは、日本中で浄化のエネルギーが充満している日とも言えますよね。

|
|

« 奈良大和路の花の御寺 長谷寺 | トップページ | 長谷寺の朝の勤行 »

コメント

本日のブログに、私も6ケ月の反省を
したところです。確かに人は知らずのうちに、
傷つけたりしているかもしれませんね。
奈良の都にふさわしい行事ですね。

投稿: おばさん | 2011/07/01 00:23

>おばさま
みなつきの夏越(なごし)の 祓(はらへ) する人は 千年(ちとせ)の 命 
延(の)ぶといふなりを唱えながら輪くぐりをしました。
これからの半年も頑張ります。

投稿: スヌーピー | 2011/07/01 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良大和路の花の御寺 長谷寺 | トップページ | 長谷寺の朝の勤行 »