« 我が家のブラックベリー | トップページ | 室生寺の末寺「佛隆寺」 »

2011/06/09

女人高野 室生寺<鎧坂>

2

奈良県宇陀市室生にあるお寺。室生寺にある最初の長い石段の名は、「鎧(よろい)坂」です。

鎧坂を登ると、穏やかな柿葺(こけらぶき)の金堂が石段の上に次第に競り上がって、全貌の見える小さな平地に出るます。

石段の下から上の方を見上げると、昔の武士が身につけた鎧の 「札 (さね)」 を編み上げているように見えるので、この名がついたそうです。

室生寺の堂塔は千年以上の時を重ねた建築物です。それは戦に巻き込まれることなく、平和な地であり続けたことを表しています。室生寺は、さまざまな宗派の山林修行の道場としてあり続けてきました。

春には石楠花、秋には紅葉に包まれ、冬には薄く雪を被る鎧坂の風景は、自然との美しい融合です。

ただ、2010年の奈良・遷都1300年祭での天皇来訪の前、10月に木製の手すり取り付けられ、昔とは、少しちがった風景になっています。

お年寄りのためということですが、写真を撮りに来られる方にとっては、ちょっと。。。のようですsweat01

|
|

« 我が家のブラックベリー | トップページ | 室生寺の末寺「佛隆寺」 »

コメント

女人高野・・・歌に出てきそうnotes
千年の歴史。その重みは計り知れませんね。
大切し次の世代に・・・

投稿: おばさん | 2011/06/10 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のブラックベリー | トップページ | 室生寺の末寺「佛隆寺」 »