« 女人高野 室生寺<鎧坂> | トップページ | カロリーコントロールアイス~グリコ~ »

室生寺の末寺「佛隆寺」

Butsuryuji1こちらの写真は、4月に佛隆寺の千年桜を見に行った時に撮影したものです。

春は桜、夏は新緑、秋は彼岸花、冬は雪景色と、四季を通じて素敵な景色が楽しめます。

室生寺から峠をひとつ越えたところにある、“室生寺の南門”と呼ばれた仏隆寺。由緒ある古いお寺、古刹です。空海の高弟の堅恵が創建したと伝わるこのお寺は、室生寺の末寺で僧の僧坊や隠居寺でもあったそうです。

境内には平安時代の宝形造りの石室、十三重の塔などを見ることができます。
また、奈良県の天然記念物に指定されている、樹齢900年とも1000年ともいわれる県下最古の桜の巨樹が有名です。

さらにここには、空海が唐から持ち帰ったという茶臼が寺宝として残されているそうです。仏隆寺は空海がお茶を栽培したと伝わる、大和茶発祥の地だとか。ピンク色に咲きほこった桜を見ながら、お茶をいただく。今も昔も、変わりませんね。私は、花も団子も大好きですがhappy01

|
|

« 女人高野 室生寺<鎧坂> | トップページ | カロリーコントロールアイス~グリコ~ »

コメント

立派ですね。実際に見たら驚きますね。
やはり奈良は奥深い都だと、痛感しました。

投稿: おばさん | 2011/06/10 13:47

>おばさま
見事な桜です。
入江泰吉先生が写真を撮られた場所がすぐ近くにあります。
秋が楽しみです
彼岸花も見事なんですよ。

投稿: スヌーピー | 2011/06/10 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女人高野 室生寺<鎧坂> | トップページ | カロリーコントロールアイス~グリコ~ »