« ルピシアの紅茶 | トップページ | さくらんぼ収穫 »

クレマチスが咲きました

21 12

日本へは桃山時代以前に渡来し、日本原産のカザグルマとともに栽培されてきたようです。

黒くて固い針金のような蔓に、鮮やかな花の色を見せるテッセンは、初夏から夏にかけて使われることの多い花材のひとつです。独特の茎の姿から和名では、「鉄線」の字をあてています。テッセンの原種の特徴は、黄色味のかかった白い六弁の花のようにみえるガク片の中央に、おしべが多くあり、花糸と呼ばれる葯をささえる柄の部分は、扁平に変形して紫色をしています。

江戸時代における、テッセンの人気は相当なものだったらしく、浮世絵に描かれたり、寺院の天井を飾ったり、着物の柄になったりしています。

|
|

« ルピシアの紅茶 | トップページ | さくらんぼ収穫 »

コメント

今晩は
テッセンが中国から渡ってきた花ということを初めて知りました。我が家のテッセンもつぼみをつけました。楽しみです。

投稿: 我妻久子 | 2011/05/13 21:51

>久子さん
今年は昨年咲いていたテッセンが元気が無いのですよ。
白い方のは今年初めて咲いてくれました。
ウッドデッキに這わせているのですよ。

投稿: スヌーピー | 2011/05/16 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルピシアの紅茶 | トップページ | さくらんぼ収穫 »