« 桃カステラ~松扇軒~ | トップページ | スペシャルなシーチキン »

2011/03/30

鶏卵素麺~九州銘菓~

1 2 1673年創業、福岡・博多の「松屋菓子舗」の初代松屋利右衛門氏が長崎で中国の点心師、鄭(てい)氏に伝授を受けたという鶏卵素麺は、元々はポルトガルから伝わった南蛮菓子。
筑前藩主、黒田光之公はこの菓子が気に入り、松屋菓子舗に黒田家の定紋藤巴の使用を許したとかhappy01

「鶏卵素麺」その名と見た目から、間違って湯にくぐらせた人もいるんだそうです。鶏卵素麺は、沸騰させた糖蜜の中に卵黄を糸のように流し込み、すぐに引き上げ、余分な蜜が落ちた後に切り揃えたものです。口に入れると金糸の束がほろほろと崩れ、たっぷりの蜜が舌にしっとりと馴染みますheart043_2

食べるときは、一口大に切り、箸か一文字を添えて。
ほんの一口でも満足するほど濃厚な甘さですが、その甘さの中にも卵黄の丸みのある柔らかな風味が生きていて、食べ終えてしばらくするとまた食べたくなる。不思議な魅力を持っています。
「松屋菓子舗」の「たばね」は、通常よりも少し乾燥させた一口大の鶏卵素麺を細い昆布で束ねたものです。

日本の三大銘菓の1つに数えられることもある鶏卵素麺。他の三大銘菓である金沢の「長生殿」、長岡の「越の雪」、それに鶏卵素麺とその座を争う松江の「山川」が全て干菓子なのに対し、鶏卵素麺は少し毛色が異なります。ポルトガル伝来のその味は、お抹茶だけでなく、コーヒーや紅茶にも合いそうです。4

「松屋菓子舗」
本店所在地:福岡県福岡市博多区上川端町14-18
TEL:092-291-5244
営業時間:9:00~19:00(月~土)9:00~18:00(日・祝日)
定休日:年始を除き年中無休

|
|

« 桃カステラ~松扇軒~ | トップページ | スペシャルなシーチキン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃カステラ~松扇軒~ | トップページ | スペシャルなシーチキン »