リンク

« 樫舎~ならまち~ | トップページ | いちごの季節到来 »

志賀直哉旧居~奈良市~

  6170

白樺派の文豪「志賀直哉」が昭和4年から9年間住んだ旧居(敷地435坪、建物134坪)です。春日山、若草山を見渡せ、静かなところです。

現在は、奈良学園が管理し、奈良文化女子大学のセミナーハウスになっていますが、一般の方も有料で中を見ることができます。志賀直哉自身が設計したとされるこの旧居は和風、洋風、中国風の様々な様式を取り入れ当時としては、大変進歩的で合理的なものだったそうですhappy01

62 63 64 65 66 67 68  数奇屋作りの書斎はわざわざ京都から名大工を呼んで作らせたそうです。ほとんどが当時のままで、あの「暗夜行路」はここで完成しました。

書斎には、執筆に関係ないものは一切排除し、余計なものを置かず、しかも子供達の立ち入りも禁じていたそうです。部屋は中に入ることができませんが、窓越しに見学できます。ここは静かで、しかも窓から若草山が借景になった庭が見えます。

69_2 こちらが有名な高畑サロンと言われるところです。文化人や画家などの憩いの場となっていたようです。端の壁にここを訪れた人の名前が記載されていました。

JR・近鉄奈良駅より 奈良交通市内循環バス「破石町」下車徒歩5分
AM9:30~PM5:30(入館は5:00まで)(3月~11月)
AM9:30~PM4:30(入館は4:00まで)(12月~2月)
定休日 月曜
入館料 
高校生以上350円
中学200円
小学100円

« 樫舎~ならまち~ | トップページ | いちごの季節到来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 樫舎~ならまち~ | トップページ | いちごの季節到来 »

注目アイテム!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

無料ブログはココログ