リンク

« ハンキングのお稽古 | トップページ | 九品寺~御所市~ »

一言主神社~御所市~

81 82 83 1 85

今日は友達と、紅葉を見に出かけてきました。御所市にある、一言主神社ですhappy01 

御神木でもある大イチョウは樹齢伝承1200年という古木で、「宿り木」「乳イチョウ」と呼ばれ、健康な子供を授かり、母乳が良く出るようにと子供を思う親の信仰を集めています。「乳(にゅう)」とはイチョウの古木にできる気根(きこん)のことですheart04 青い空に、黄色が映えていました。

各地の一言主大神を祭神とする神社の総本社。
この神社は願い事を一言だけ聞いてくれる「一言(いちごん)」さんと呼ばれて親しまれ、「無言まいり」の神として広く信仰されています。

社が鎮座しているのは、雄略天皇が葛城山で狩りを行った時、この神が神降(かみたち)したと伝えられる場所。古事記によると、一言主大神は自ら「吾は悪事(まがごと)も一言、善事(よごと)も一言、言離(ことさか)の神、葛城の一言主の大神なり」と神力を示し、天皇から武具や衣服を献上されたと伝えられている。

拝殿の横にある蜘蛛塚は、神武天皇の頃に土蜘蛛という部族が抵抗したため、葛の網をかぶせて殺したことに関係があるとされている。この一言主の神は、修験道の祖といわれる役行者に葛城山と吉野金武峰山を結ぶ橋をかけるよう命じられたが、顔が醜いので夜しか働かず、完成しなかったとの伝説も残されている。境内に建てられた「なほみたし 花に明け行く 神の顔」の芭蕉の句碑は、その故事にちなんだものだとか。

« ハンキングのお稽古 | トップページ | 九品寺~御所市~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンキングのお稽古 | トップページ | 九品寺~御所市~ »

注目アイテム!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

無料ブログはココログ