リンク

« 初詣 | トップページ | 初詣(その2) »

お正月なお菓子

1 2

源吉兆庵さんの「花びらもち」です。お正月ならではの、この時期しか食べられないお菓子です。

はなびら餅とは、京都でお正月にだけいただく伝統の御菓子の一つで、柔らかいお餅に京都のお雑煮に見立てた白味噌のあんをごぼうと共に求肥で包んであるお菓子です。

ごぼうを包むのは、一説に、この花びら餅が裏千家初釜の「菱葩(ひしはなびら)」を菓子化したものであるからだと言われています。「菱葩」は丸く平らにした白餅に、赤い小豆汁で染めた菱形の餅を薄く作って上に重ね、柔らかくしたふくさごぼうを二本置いて、押し鮎に見立てたものです(鮎は年魚と書き、年始に用いられ、押年魚は鮨鮎の尾頭を切っ取ったもので、古くは元旦に供えると『土佐日記』にあります)。初めはつき餅でしたが、最近は求肥となっています。

ごぼうが甘くて、とてもおいしいお菓子でした。渋い緑茶とよく合います。

« 初詣 | トップページ | 初詣(その2) »

コメント

スヌーピーさん、あけましておめでとうございます。
はんびらもちは我が家でも用意しました。鶴屋吉信のものです。
子供たち夫婦が来るので用意しているようです。
私まで回ってくるか・・・

>とんぼさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

花びら餅今年も美味しくいただきました。
お正月にしか食べる事ができないので、楽しみの一つです。
ごぼうの甘さが大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初詣 | トップページ | 初詣(その2) »

注目アイテム!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

無料ブログはココログ