« ちょっと休憩 | トップページ | 来年の干支は。。。 »

2007/10/16

信楽 陶芸の森

10 11 12 13





ほんとは、長野に旅行に行く予定だったのに、急にキャンセルになって、今日は信楽に行ってきました。

滋賀県立陶芸の森”陶芸館”では、10月2日から12月24日まで、ジャポニスムのテーブルウエア展が開催されています。ミントン・マイセン・ティファニーといった、洋食器で有名なブランドの商品に、日本の伝統的な絵が書かれていました。

また、”信楽産業展示館”では、信楽焼きの産業製品(建築陶器・食卓用品・花器・庭園陶器・植木鉢など)さまざまな作品が、常設展示されています。

”創作研修館”では、国の内外から創作作家を受け入れて、陶芸家を育成する為に、創作にふさわしい場所や設備の提供をされています。ここから、将来の有名作家が誕生するかも知れませんね。

陶芸の森は、自然豊かで景色のいいところなので、ぜひ行ってみてください。

松茸料理を食べたかったのですが、お店がとても混んでいたので、近くのお蕎麦屋さんでお昼をいただきました。1415




滋賀県立 陶芸の森→
HPはこちら

<引用>
19世紀の末、パリやロンドンなどで万国博覧会が開催され、開国後間もない日本も積極的に参加しました。中でも注目されたのは日本の美術工芸品です。その豊かな色彩、優れた自然描写、奇抜な構図と装飾性は、欧米の美術家・工芸家たちを魅了し、日本美術の収集、そしてその影響を受けた新しい唯美主義とモダン・デザインが誕生するきっかけとなりました。こうした美術趣向は「ジャポニスム」と呼ばれ、今日も多くの人々を魅了しています。
  これまでのジャポニスム展といえば、浮世絵による印象派の絵画への影響といった視点が一般的で、絵画が主に論じられてきました。しかし実際にはジャポニスムは、欧米のテーブルウエアやインテリアなどの生活工芸にまで広がりをみせたのです。
  本展は、“生活の中の美”をコンセプトとして、アメリカ有数のジャポニスム工芸のコレクター、ジョン&ミヨコ・デーヴィー夫妻のコレクションから約210点を展示公開いたします。ディナーセットやティーカップからフォーク&ナイフ、シガレットケースに至るまで、欧米の人々の生活の中に花開いた華麗なるジャポニスムの世界をご堪能いただけることと思います。

|
|

« ちょっと休憩 | トップページ | 来年の干支は。。。 »

コメント

信楽へは数年前に行ってきました。梟の置物をお土産に買ってきました。MIHO MUSEUM がどこかにあるそうです。行ってみたいと思っています。

投稿: とんぼ | 2007/10/16 21:54

ガハハ オイラの体形似たちがいっぱいいますね!
松茸もいいですケド、蕎麦好きのオイラとしては、こっちの
蕎麦の方がいいです。天ぷら大好きです。

投稿: 酔うさん | 2007/10/17 05:59

あちらこちら飛んでますね~~
フットワーク軽いな!♪(〃⌒ー⌒〃)
あらら、私が画面に・・・笑笑
酒徳利持ってませんでしたか?(*≧m≦*)ププッ

食べ損なったという松茸!(^^ゞ
偶然にもUPしてありますのでまたご覧くださいまし♪

投稿: たま吉 | 2007/10/17 09:45

今日は ワ・・懐かしい狸さん達、此処で陶器類を買うと何か信楽焼きを買った様な気分になり安い物でも嬉しくなります。
本当は高級品に此処の良さが出るのでしょうが手が届きません、我が家にも一品だけ信楽焼きの花器があり大切にしています。

投稿: 咲子 | 2007/10/17 15:51

>とんぼさん狸の置物がたくさん並んでいました。
MIHOMUSEUMは陶芸の森の近くに在るみたいですよ。
ホームページありましたので覗いてみてください。

投稿: スヌーピー | 2007/10/17 19:08

>酔うさん
徳利持って狸さんたっていましたよ~。にてるの?
蕎麦は少しゆがきすぎかな!
天ぷらは美味しくいただきました。

投稿: スヌーピー | 2007/10/17 19:12

>たま吉さん
食べそこなった松茸拝見しましたよ。よだれがでそう!
鱧と松茸ぜいたく、、。徳利でお酒も飲んだの?
寿命が伸びますね。

投稿: スヌーピー | 2007/10/17 19:19

>咲子さん
信楽焼大好きなのです。がお高いのは持っていません。
来年用に えとの可愛いねずみを2匹買いました。
いつかいいものを買って見たいです。

投稿: スヌーピー | 2007/10/17 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと休憩 | トップページ | 来年の干支は。。。 »