« 貴船・鞍馬の旅② | トップページ | 今夜の晩ご飯 »

2007/09/05

カラスウリ

1 カラスウリを知っていますか??

夜になると白い花がさいて、朝になるとしぼんでしまいます。

夜にしか咲かない花は、なかなか目にすることがありませんが、秋になって葉が枯れてくると、赤い実をつけます。

押し花にする為に探していたカラスウリの花、家の近くの竹やぶに絡まっているのを見つけて、夜になるのを待って、取りに行ってきました。

2、30個咲いていて、ツルごとちぎってきました~。

分 類
植物 双子葉植物離弁花 多年草 つる性 ウリ科
学 名
Trichosanthes cucumeroides
分 布
本州、四国、九州
環 境
平地の林や日かげ
花 期
8~9月
結実期
花の大きさ
2~10cm(花序)
説 明
山のやぶなどに生える。細い茎をほかの植物にからませて伸びる。花は葉のつけ根に咲き、白い花は花びらの先が細く裂けていて美しい。夕方に花開き、夜明け前にはしぼんでしまう。雌雄異株(しゆういしゅ)で、葉が枯れるころにだ円形の赤い果実が熟す。

|
|

« 貴船・鞍馬の旅② | トップページ | 今夜の晩ご飯 »

コメント

スヌーピーさん今晩は
からすうりの花可愛いですね!
こちらでは山で見かけます。
押し花にすると綺麗でしょうね!

投稿: せっこ | 2007/09/05 22:53

こんばんわ~(^o^) やっとたどり着きました~ご無沙汰してゴメンナサイね。ヤッパリ仕事を持つと中々時間が取れません。4時には保育園へ孫を迎えに行って、6時頃まで外遊びに付き合う!中々ハードですわぁ。(^_^;)
カラスウリ、夜取りに行ったの?本当に繊細な花で押し花にしたらステキでしょうね。
ロココも7月4日にキカラスウリをUPしましたが、先日、実の様子を見に行ったら、見事に刈り取られていました。ア~ア・・・

投稿: ロココ | 2007/09/05 22:59

 おはようございます。赤い実を見たことはあるのですが、花は初めてです。朝しぼむ花、夜咲いているのを取ってきてすぐに押すのですか?そうすれば開いた花の押し花ができるのかな?アイも 夕顔咲いたのは 忙しくって 朝しぼんだのしか見ないので、気をつけて見ようと思いながら 未だです。(ーー;)

投稿: 悠&アイ | 2007/09/06 06:02

こんなに繊細なフワフワした
からすうりも押し花に出来るのですか~
時々展覧会を見に行きますが
最近の押し花は色も綺麗で豪華ですよね
良い趣味をお持ちですよね (*^。^*)


投稿: ちゃこママ | 2007/09/06 23:38

おこんにちは。
からすうりの花ですか!
赤いかわいい実は花屋さんで目にしますが、花は…

お嬢さん、こちらにいらっしゃるのですよね?
昨夜は台風の風雨で心細い思いをしたのではないでしょうか。。
被害はなかったかしら…

投稿: たま吉 | 2007/09/07 14:19

>せっこさん
私は、押し花を始めるまで、カラスウリの花って見たことが無かったんです。赤い実は、秋によく目にするんですけど。
でも、竹やぶとか、山の斜面とか、危険な場所が多くて、なかなか採集できなかったんですけど、今回は、車を横付けして取れるところなので、毎晩行ってます(笑)

投稿: スヌーピー | 2007/09/08 12:01

>ロココさん
忙しい生活をされているようですね。体に気を付けて頑張ってくださいね。
私が行っている場所は、竹やぶなので、刈り取られることはないと思うんですけど。こんなに毎日花を取っていたら、実はならないかもしれません(^^;;

投稿: スヌーピー | 2007/09/08 12:03

>悠&アイさん
そうです。押し花は基本的に、摘んですぐ押さないと、しぼんでしまったりします。
なかなか花をみる機会はないですよね。私が行っているところは、国道のすぐ横の竹やぶなので、誰も気に留めないのかもしれません。毎日、20個くらいは花を咲かせていますよ。

投稿: スヌーピー | 2007/09/08 12:06

>ちゃこママさん
私は、何でも押し花にしてしまいます。ニガウリもいちごもカラスウリも。
今月のお稽古には、カラスウリの花を沢山使った作品を作ろうかと考え中です。

投稿: スヌーピー | 2007/09/08 12:09

>たま吉さん
赤い実が成ると、カラスウリだと分かるのですが、花の時期はなかなか探すのが大変です。。。

下の娘が東京に住んでいるんです。何ともなかったようですが。今回の台風は被害が大きかったようですね。たま吉さんちは、大丈夫でしたか?

投稿: スヌーピー | 2007/09/08 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貴船・鞍馬の旅② | トップページ | 今夜の晩ご飯 »