« 山中温泉紀行① | トップページ | 山中温泉紀行③ »

山中温泉紀行②

20 21 22 23 24

花紫さんでは、食事はダイニングでいただくことになっています。

建築空間における和紙造形を手がけられている、越前和紙の堀木エリ子さんが施工されたタペストリーによって区切られた空間で、ゆったりと食事をいただくことができます。

席は、掘りごたつとテーブルで、柔らかい光に包まれていました。

25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38

|
|

« 山中温泉紀行① | トップページ | 山中温泉紀行③ »

コメント

今晩は。
山中温泉に行ってこられたのですね。
温泉って良いですね。身も心も癒されて、
美味しいお料理をいただいて・・・。
う~ん、写真のお料理 いろんな献立があって美味しそう。
旅館もしっとりしていい雰囲気ですね。
やっぱり畳のある部屋は落ち着きますね。

投稿: やまおんな | 2007/09/13 21:12

>やまおんなさん
やっぱり、日本人は、畳・和食・温泉旅館ですね。
しっかりリフレッシュしてきました。
これからは、畑仕事に頑張ります。

投稿: スヌーピー | 2007/09/14 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山中温泉紀行① | トップページ | 山中温泉紀行③ »