リンク

« 最近の畑 | トップページ | 伊豆のお土産 »

東京からの宅急便

Sd20070401_009 Sd20070401_010

 <佃煮の由来>慶長8年(1603年)家康が江戸幕府を開いた時、佃村の漁民33人を江戸に呼び、石川島に近い島を居住地として与え、故郷の佃村に因み「佃島」と名付けた。
 彼らはこの地で白魚などの漁をしながら江戸城内の台所をまかなうことで漁業権を与えられた。離れ小島であるために時化(シケ)どきにお菜に事欠き、また漁期には腐らない副食物が必要なところから、湾内で獲った小魚類を塩辛く煮込んで保存食を作ることを考えた。
 其後、千葉より醤油が渡り塩煮より醤油煮にかわり佃島で作られたので佃煮と命名され江戸市中に売り出したそうです。

佃島の佃煮は、丸久、天安、田中屋の3店が有名だそうです。今回は田中屋さんの佃煮を送ってくれました。やっぱり、ご飯の友ですね。

« 最近の畑 | トップページ | 伊豆のお土産 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近の畑 | トップページ | 伊豆のお土産 »

注目アイテム!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

無料ブログはココログ