« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

明日香村の春

1_22 2_20 3_18 4_13





今日は、明日香村に行ってきました!!

万葉文化館の近くの菜の花畑は、見渡す限り黄色い花でいっぱいでした。石舞台の周りの桜の木は、まだ咲き始めたばかりで、満開になるまでには、もう少しかかりそうです。満開の頃には、ライトアップされるそうで、古の人々もこうして桜の花見をしたのかと、思いました(*^。^*)

ホームページはこちら→飛鳥京観光協会

| | コメント (2)
|

昔から変わらない味

0_047 0_045 0_046_1

子供の頃から食べている懐かしい味。今も、昔も全然変わらない味。久しぶりに手土産にいただきました。

だんご庄は明治11年からあるお店だそうです。
竹ぐしにさしたきな粉だんごが「庄五郎だんご」「だんご庄のだんご」として売られるようになって、100年以上になるそうです。製法は昔と変わらず、材料には上質の新米を昔ながらの唐臼でついた米粉、最上質のきな粉、そして味つけには、初代庄五郎が苦心の末あみだしたという特製の蜜を使用しており、また製造過程がすべて手づくりということです。
香ばしいきなこ餅が今でも大好きです(*^_^*)

ホームページはこちら→だんご庄

| | コメント (0)
|

おいしい食パン

Sd20070324_017 Sd20070324_016 Sd20070324_015





桜井総合庁舎前のマンションの1Fにある小さなパン屋さんです。

このお店の、匠食パンが大人気です!!日によっては、予約だけで売り切れていて、買いに行っても買えないこともあります。

湯種製法で、内麦粉を使った、もちもちした食感で、とってもおいしいですよ。今日買ってきた、カレーパンには、半熟卵が1個入っていました(*^_^*)

| | コメント (0)
|

ランチ

Sd20070328_019 Sd20070328_018 Sd20070328_015 Sd20070328_016 Sd20070328_017

ランチを食べることになり、雑誌で見ていた、近藤豆腐店のランチを食べたかったのですが、予約の方で席は満席で、まだお店の外に何組か並ばれていたので、今回はあきらめることにしました。今度は予約してから行くことにします。。。

しばらく奈良町を歩いて、はり新というお店でランチをいただきました。町屋をそのまま利用したお店で、落ち着いた雰囲気でした。料理もおいしかったです(*^_^*)

ホームページはこちら→はり新

Sd20070328_022 Sd20070328_021

こちらは、三条通りにある中谷堂さんです。

何といっても、ここの名物は、超高速のお餅つきを間近で見学することができます。そして、つきたてのお餅をその場で購入して食べることができます。おいしいですよ!!

ホームページはこちら→中谷堂

| | コメント (0)
|

奈良にも春がきました~。

Sd20070328_007 Sd20070328_008 Sd20070328_010 Sd20070328_011





奈良市の氷室神社の桜が満開だと聞いたので、お昼から友達と花見に行ってきました。

たくさんのカメラマンで桜の周りは人がいっぱいでした。今日は、暖かくて、奈良公園も、たくさんの観光客であふれていました。

氷室神社は奈良市春日町にある、氷の神様が祀られた珍しい神社です。毎年5月1日に行われる献氷祭には全国の氷業者が集まり夏の暑さを祈り商売繁盛を願って、海の幸を代表する鯛と川の幸を代表する鯉を凍結させた高さ1メートル程の氷柱を1対と花氷を奉納します。午後になると神社伝来の舞楽が奉献され奈良市の年中行事としても著名です。

ホームページはこちら→氷室神社

| | コメント (6)
|

伊勢神楽

Sd20070324_034 Sd20070324_035 Sd20070324_036

Sd20070324_037






子供が小さかった頃は、お祭りになると大神楽が催されていたのですが、最近は、すっかり見なくなりました。

昨日、久しぶりに家の近くで見かけたので、我が家にも来てくださいました。

伊勢大神楽は長い歴史を誇り、江戸時代には各地を巡って、伊勢神宮のお札を配っていたと伝えられています。
今でも数組の社中が主に西日本各地を訪れています。伊勢神楽は舞(獅子舞)と曲(放下芸)とに大きく二つで構成され、舞は悪魔を退治し、清めてお祓いを行い、主に家とかまどをお払いします。また、頭噛みのお祓いは人気があり行列が出来ます。曲は放下芸師とチャリ師(道化師)が萬歳のように掛け合いながら、スリル溢れる芸から不思議な芸を披露して観客を楽しませます。

ホームページはこちら→伊勢神楽

| | コメント (0)
|

垣内の旅行

Sd20070324_028 Sd20070324_030 Sd20070324_031 Sd20070324_032






今日は、ご近所20数件の方がたと、バスをチャーターしての日帰り旅行でした。

三重県の鳥羽に行ってきました。雨が降ってあいにくの天気でした。

| | コメント (6)
|

我が家の春の花

Sd20070324_026 Sd20070324_023 Sd20070324_020 Sd20070324_021 Sd20070324_022 Sd20070324_013Sd20070324_011 Sd20070324_012 Sd20070324_025

| | コメント (4)
|

フラワーアレンジメント

Sd20070308_214 お友達にフラワーアレンジメントを教えてもらいました。

今回は、クリーム色のカーネーションと、ミモザなどを使って、黄色を基調とにしたアレンジメントです。

玄関が、明るくなりました(^O^)/

| | コメント (4)
|

我が家の庭

| | コメント (2)
|

幻の芋焼酎

Sd20070308_213 Image002 Image003 Image001







高島屋のカード会員特別販売で、幻の芋焼酎と言われている、”森伊蔵”が当たりました!!価格的には、そんなに高くありませんが、製造本数が限られているので、月に一度の抽選販売でしか手に入れることが出来ないようです。

今回は、高島屋の特別販売だったので、ダメもとではがきを出してみました。当選通知が届いたときは、驚きでした(>_<)

ホームページはこちら→森伊蔵

| | コメント (0)
|

関東と関西の違い

Sd20070308_208_2 桜餅は、この季節になると毎年食べたくなるもの。桜の葉で包まれた桜色の餅の中に餡が入っている和菓子。そんな桜餅に、関西風と関東風があるのを知ってますか。

関東で桜餅と言えば「長命寺」のこと。長命寺とは、小麦粉メインの生地をクレープ風に焼いた桜餅。対して関西の主流である「道明寺」とは、もち米を蒸して乾燥させて砕いた道明寺粉を使った桜餅で、つぶつぶした食感が特徴。最近では、関東でも関西でも、どちらの桜餅も買うことが出来るようです。

そして、今回私が買ってきたのは、京都”鼓月”の桜餅です。関西のお店で、道明寺の桜餅ではなく、長命寺の桜餅を売っているお店です。桜の葉の塩味と、甘すぎない餡が、上品でとてもおいしいです。

皆さんは、どちらの桜餅が好きですか?というか、二種類あること知ってました??

ホームページはこちら→鼓月

| | コメント (4)
|

なんばパークス

Sd20070308_195 Sd20070308_196 Sd20070308_197 Sd20070308_198 Sd20070308_199 Sd20070308_200

なんばパークス8階にある、スッド・ポンテベッキオにランチに行ってきました。

パスタと肉料理か魚料理と、パンとデザートのランチを食べました。

パスタは、柔らかいかのトマトソース。魚料理は、グリーンアスパラガスと白身魚の香り包み焼き イタリアンサラダ添え。肉料理は、鹿児島産茶美豚のロースト。デザートは、柑橘系とチョコレートムースをそれぞれ注文して、二人で食べました。

どれも、いい味で、おいしかったです。梅田にあるお店とは、全く感じが違って、カジュアルな感じが、若い人たちにも人気のようです。ここでしか食べられないナポリピッツァは、熱々でおいしそうだったので、今度食べてみたいと思います。Sd20070308_201 Sd20070308_202

お店の紹介はこちら→ポンテベッキオ

| | コメント (2)
|

グレース・ケリー展

Sd20070308_193 Sd20070308_194

大阪高島屋で公開されている、グレース・ケリー展に行ってきました。

アメリカ、ハリウッドのトップ女優として名をはせたグレース・ケリー。後に、モナコ公国のレニエ公と運命的な出会いを果たして結婚。女優グレース・ケリーからモナコ公妃、ラ・プリンセス・ド・モナコとなった。

少女時代から花に親しんできたというグレース公妃の花のある暮らしの中で、ごく自然に”自然を愛する心”を育み”自然の美”にふれる喜びを感じていた。

そんな彼女の、ドレスをはじめ装飾小物から、公妃本人が手がけた”押し花作品”まで全てが世界初公開の内容でした(*^_^*)ドレスは、ディオールやシャネルなど、有名デザイナーのものも展示してありました。さすがに、何十年とたった押し花作品は、色あせているところもありましたが、作品としての構成は、とてもすばらしいものでした。

会場内、写真撮影が禁止されていたので、興味のある方は、ぜひ行ってみてください。3月26日月曜日まで、難波の高島屋7階にて。

| | コメント (4)
|

椿山に行ってきました!!

Sd20070308_176 Sd20070308_179 Sd20070308_180 Sd20070308_182 Sd20070308_184 Sd20070308_185 Sd20070308_188 Sd20070308_190




我が家の近くにある、椿山に行ってきました。

大和のご神体「三輪山」の裏山に椿山があります。そこは、万葉の昔から時が流れる空間でした。山道を歩いて登って行くのは、少し大変でした。。。
近鉄大阪線「朝倉駅」下車徒歩10分・入場料300円・一般公開3月1日~4月下旬
椿山は、万葉集に20首以上読まれたという、いにしえの地だそうです。『海柘榴』と書いて『つばき』と読んだそうです。『椿』は江戸時代に出来た略字と言う説明でした。

故地を見下ろす一万坪の山に、地元で生まれ育った椿好きのお父さんが、椿と桜、つつじを一本一本手植えして四半世紀以上たち、今では千種一万本の椿を中心に四季折々いろんな花が咲くそうです。私は、白雪姫という品種の白と、春風という品種のピンクの苗を購入して帰ってきました!!

| | コメント (7)
|

2回目のお稽古

Sd20070308_163 Sd20070308_165

前回のお稽古で制作した椿は、注文していた額がきたので入れてみました!!

今回のお稽古は、スイートピーです。

細かい作業が、なかなか大変ですが、まだ始めたばかりにしては、それなりにスイートピーにみえるでしょうか。。。(*^_^*)

今回は、かなり時間がかかりました。

| | コメント (8)
|

お取り寄せ!

Sd20070308_002

いつもお取り寄せしている、銀座三河屋さんの、煎酒です。

日本酒に梅干しと花がつおをいれ、ことことと煮詰めた調味料です。
かつお節の旨味、梅干しの酸味と塩けが生魚や野菜の味を引き立てることから、江戸時代の食卓では欠かせない調味料として広く使われていました。
 銀座・三河屋の煎酒は、有機肥料で栽培した紀州南高梅の味の良い梅酢を使用し、塩分は一般的な醤油より四割も少ない、まろやかでヘルシーな調味料に仕立てられています(*^_^*)

これを使うと、他のものでは味が濃すぎてしまいます。おいしいですよ!!

ホームページはこちら→銀座 三河屋

| | コメント (2)
|

ホワイトデーのお返しに☆

Sd20070308_146 ホワイトデーのお返しをいただきました(*^_^*)

東京、自由が丘の”モンサンクレール”というお店のお菓子。世界的に有名なパティシエ、辻口氏のお菓子は、とてもおいしくて、味わって食べました(^O^)

ありがとうございました!!

| | コメント (2)
|

多肉植物の寄せ植え

Sd20070308_148 Sd20070308_147 Sd20070308_149

先日、友達3人で花屋さんに出かけました。多肉植物9種類6個づつ入ったかごがあり、まとめて購入すると安いということだったので、3人で共同購入しました(^O^)/

一緒に買った友達が寄せ植えをしてくれました~!!

とってもセンスがいいでしょ(*^_^*)1枚目と、2枚目の写真の器は、1000円でした!18個で3つの寄せ植えが出来たので、とってもお買い得でした!

| | コメント (4)
|

鰤大根つくりました~

Sd20070308_125 Sd20070308_126

Sd20070308 鰤を頂いたので、家族のリクエストの鰤大根を作ってみました。

鍋に入れて煮詰める前に、フライパンで両面を焼いてから、鍋で煮ると、表面はカリカリで中はふわっ~っと仕上がります。

新鮮な鰤だったので、とてもおいしかったです。残りは照り焼きにしました(*^_^*)

| | コメント (4)
|

春ですね~

Sd20070308_028 Sd20070308_030 Sd20070308_031 Sd20070308_032 Sd20070308_034

| | コメント (4)
|

私の情報源

Sd20070308_036 最近よく 友達やブログのコメントに、おいしいお店やお取り寄せは、どこで探してくるのかと聞かれます(*^_^*)

情報源は、いろいろありますが、雑誌や、インターネット、それからテレビ、友達の口コミがあります!!

最近参考にしているのは、こんな雑誌です(^O^)/

| | コメント (0)
|

奈良の風物詩ツアー③

Sd20070308_128 Sd20070308_059  Sd20070308_060 Sd20070308_061Sd20070308_062 Sd20070308_063 Sd20070308_064 Sd20070308_065 Sd20070308_066 Sd20070308_068

菊水楼は、いわずとしれた奈良最高級の料理旅館です。とにかく格式が高く、建物はもちろん調度品もすべて美術品ばかり。個人的には、なかなか行く機会のない所なので、今回ツアーに参加してよかったです。

料理もサービスも、とても行き届いていました。味はもちろんのこと、味の濃いものあっさりしたもの、熱いもの冷たいものなど考えられていて、器も素敵でした。

| | コメント (0)
|

奈良の風物詩ツアー②

Sd20070308_053 Sd20070308_055 Sd20070308_057 Sd20070308_069 Sd20070308_072 Sd20070308_076 20050313dcb01261s Todaiji1





菊水楼の別館で、写真家 植田英介氏のお話を聞きました。とても興味深い内容で、今まで知らなかったお水取りのことが、よくわかりました。

2枚目の写真は、菊水楼の庭に置いてあった使い終わったお松明(たいまつ)です。3枚目の写真は、菊水楼の天井を撮ってみました。

 毎年3月1日から14日まで奈良の東大寺の二月堂でお水取りが行われます。実は、これは多くのお坊さんが行う修二会(しゅにえ)と呼ばれる修行の一つです。そもそも修二会は東大寺の開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟であった実忠が天平4年(752)にはじめたもので、十一面悔過(けか)法と呼ばれます。十一面悔過とは日常犯している過ちを本尊の十一面観音のまえで懺悔(ざんげ)することを意味します。
 私たち人間はさまざまな罪を犯していて、それが心のけがれとなって蓄積され正しいことが見えなくなり病気にもなると言われています。そこで罪をざんげし、清浄な心身を得て、自分が犯した悪行に対する報いである禍いや災難を取り除き、幸福を招くというわけです。このような儀式は古代では国家のための宗教行事であり、国家や万民のためにはそれなりに大がかりな儀式が必要です。そこで大勢の僧侶集団による法会(ほうえ)が考えだされ、修二会もその一つというわけです。

「お水取り」の言葉が生まれるのには由来があります。修二会が始められた当時、諸国の神々がきそって二月堂に来て行法を祝福し守護しましたが、若狭の遠敷明神(おにゅうみょうじん)だけは釣りが好きで遅れてしまいました。そこでお詫びに閼伽水(あかすい)を献納しようと、お香水(こうずい)を汲んで観音菩薩にお供えしました。ここから「お水取り」の言葉が生まれたのです。
 お水取りは東大寺の二月堂で行われますが、東大寺には二月堂のほかに三月堂や四月堂と呼ばれるものもあります。これらはそもそも二月堂や三月堂とは呼ばれず、旧暦の二月や三月に行事がそこで行われたことから俗にこう呼ばれるようになったそうです。

| | コメント (6)
|

奈良の風物詩ツアー①

今日はお友達と、奈良交通主催の『お水取り満喫と菊水楼/弥生のお献立』というツアーに行ってきました。

奈良に住んでいるのにお水取りに行ったことがなく、ずっと行きたいと思っていました。個人的に観光に行っても良かったのですが、奈良の老舗、菊水楼でご飯を食べられることと、写真家の植田英介氏のお水取りにまつわるお話を聞けるということで、ツアーでの参加にしました。

お昼に集合して、新薬師寺と奈良国立博物館を見学しました。

Sd20070308_038 Sd20070308_039 Sd20070308_040 Sd20070308_041 Sd20070308_043 Sd20070308_044 Sd20070308_050 Sd20070308_052





奈良公園に、変わった鹿がいたので、撮ってみました~(*^_^*)

| | コメント (0)
|

ちょっとした贅沢

Sd20070308_026 我が家のリビングはいつもいい香りがします。

いろんなお店のものを試したのですが、価格や香りの持続性など、どれをとっても、ここのお店”リスン”のお香が今はお気に入りです。

フルーティやスパイス、ガーデンなどのいろんなパターンの香りがあり、いろいろ選ぶことができます。

お店は、京都四条烏丸のCOCONというビルの中に入っています。

ホームページはこちら→リスン

| | コメント (2)
|

町屋の雛めぐり

012_3 025_1

奈良県高市郡高取町の”町屋の雛めぐり”に行ってきました!!こちらは、酒屋さんの前に、樽のうえに赤い毛氈をひいて、かわいい木目込みの雛人形が飾られていました。
そこのお店で売っていた、あすかルビーのお酒を買いました(^O^)

土佐街なみの40の町家と「ひなの里親館」に雛人形が勢ぞろいしていました。看板を目印に町並みを歩いていきます。見学は無料ですが。ガラス越しに見学するお宅もあります。土佐街道は「石畳と白壁、そして町家」の城下町です。
子どもが生まれ、小さい頃は毎年飾った雛人形も、いつからかは、暗い蔵や押入れの中にしまったまま…そんなご家庭も多いようです。
ひと筋の城下町を、いっぱいの個性豊かな星の輝きで天の川にしようとする、「天の川計画実行委員会」が発足して、今回は多くの住民に呼びかけ、雛人形と展示スペースを町全体が協力していました。

3月1日から3月31日まで開催されています。

007_5 015_4 016_2 023_1 008_4 010_1 013_3 021_2


011_2020_2





一刀彫の雛人形や、手づくりのもの、明治時代のもの、竹に入っているものなど、ほんとにいろんな種類の雛人形が飾ってありました。

| | コメント (6)
|

ランチ☆

Sd20070222_136 1階が若い人向けの洋服屋さんで、2回がカフェという、アプリコットさんに、ランチに行ってきました~(*^_^*)

ワンプレートに、長いものフライ、キャベツの和え物、ポテトサラダ、スペイン風オムレツ、サラダ、グラタン、豚肉と小松菜の炒め物がのっていて、味噌汁と五穀米がついていました。いろいろ少しずつ食べられるので、良かったですよ!!

ホームページはこちら→apricot

| | コメント (10)
|

2回目です

Sd20070222_117 シクラメンが、2回目の花を咲かせました~(*^_^*)

我が家は今までシクラメンとは相性が悪く、なかなかもたなかったのですが、今年は”魔法の液”を与えて、手をかけていたので、綺麗な花を咲かせてくれました~!!

来年まで持つように、頑張って、また咲かせるように頑張ってみたいと思います!

| | コメント (6)
|

年賀状の当選番号

Sd20070222_104 皆さんは、今年の年賀状抽選、当たりましたか??我が家は、切ってシートが数枚当たっただけでした・・・

ご近所さんは、ふるさと小包が2つ当たったということで、喜多方ラーメンのおすそわけをいただきました(*^_^*)

わたし、こういう抽選とか、宝くじとか、ほとんど当たったことないんですよね~。

ニュースでやってましたけど、今年は、夫婦で1等・2等・3等が当たった方がいたとか。うらやましいですね(>_<)

| | コメント (8)
|

お取り寄せ

Sd20070222_073 Sd20070222_074

先日のかのこハンバーグがおいしかった、千成亭さんに今度は、ハムとベーコンとビーフハヤシを注文しました。

そして、商品が届きました~(*^_^*)早速、ビーフハヤシをいただきました!!

近江肉を使用して、本格熟成ソース仕立て。たっぷりの近江牛と野菜を煮込んだソースをじっくりと何日もかけて熟成させ、ワインの風味を生かしながら、コクのあるまろやかな味わいに仕上がっていて、おいしかったです☆

ホームページはこちら→千成亭

| | コメント (0)
|

桃の節句

Sd20070222_107 Sd20070222_110

今日は、3月3日。桃の節句ですね。こちらは、ブログで何度も紹介している、滋賀近江八幡のたねやさんのお菓子です。今日までの期間限定販売だそうです。

3種類あったのですが、日持ちがしないので、仕方なく1つだけ買ってきました。

愛らしいお雛飾りを五種類のお菓子にあらわされています。こしあんや、つぶあん、黄身あんが包んであるそうです。

Sd20070222_106 今日は、頑張ってちらし寿司を作ってみました(*^_^*)今夜の我が家の晩ご飯です!!

| | コメント (6)
|

柚子、大好き☆

Sd20070222_101 Sd20070222_100

こちらは、バレンタインのころに、源吉兆庵というお店で販売されていた、柚子をホワイトチョコレートでコーティングしたものです。

かわいらしい木の箱に、二段になって入っていて、上の段には、柚子の皮をホワイトチョコでコーティングしたもの。下の段には、柚子の皮を細かく切って固めたものが入っていました。

同じ素材なのですが、食べてみると、全然別の食感で上品な味でした(^O^)/

今は、春に向けて新しいお菓子がたくさん販売されているようですよ!!

ホームページはこちら→源吉兆庵

| | コメント (6)
|

奈良町でランチ☆

Sd20070222_084 Sd20070222_085 Sd20070222_086 Sd20070222_087 Sd20070222_088 Sd20070222_089 Sd20070222_090 Sd20070222_091




今日は、”naranto”という雑誌に載っていた、奈良町の囲炉裏ダイニング たなか さんにランチを食べに行ってきました(*^_^*)

最高級の国産黒毛和牛をはじめ、全国各地から取り寄せた海の幸、地元の農村へ出向いて調達する季節の野菜などを使ったランチでした。

お昼のおまかせランチは、ワンプレートにお肉や、煮物、和え物がのっていて、手づくり豆腐もありました。ご飯とお味噌汁はおかわり自由で、おかずがおいしかったので、おかわりしてしまいました。

お店の中のインテリアや、食器なども、とてもこだわりがあって、ステキなお店でした。メニューは日替わりだそうです(*^_^*)

ホームページはこちら→囲炉裏ダイニングたなか

| | コメント (4)
|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »