リンク

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 初詣 »

花びら餅

191_1 193_1 192

丸い餅に餡と赤く染めた餅(あるいは求肥)をはさみ、二つ折りにした簡単なつくりですが、両端から甘炊きのゴボウが飛び出していて、中の餅がピンク色に透けて見えるのが大きな特徴です。最近見かける、というところから新種の和菓子かしらと思うかもしれませんが、じつはこの花びら餅、宮中や神社では600年以上もの間、正月のおせち料理の一つとして作られ続けている「菱はなびら」に由来する、由緒正しい和菓子なのです。

「菱はなびら」とは、平安時代の新年の「歯固めの儀式」(長寿を願って猪、大根、押鮎などを食べる儀式)を簡略化したものと考えられ、ゴボウは押鮎を表わし、餅と味噌餡には雑煮の意味が込められているのだそうです。形は花びら餅と同様ですがかなり大きなものだったようです。もちろん現在でもおせち料理の一つとして宮中では作られているそうです。

明治時代に裏千家が初釜に用いることを宮中から許され、以後、新年を象徴する菓子として、「花びら餅」となりました。以後、庶民の間に次第に広まっていったようです。

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 初詣 »

コメント

花びら餅 いいですね。裏千家の初釜で毎年いただいてから、買っています。お店によっては形の違うものもあるのですが、この形が絶対いいですよね(*^_^*)詳しい由来は知らなかったので勉強になりました。できあがりました の上段左から二つめの料理はなんですか。皆でなんだろう?ていっています。スヌーピーさんは料理が大変上手ですね。そらちゃんと、私たちは同じのを長年作って、工夫がないね一品でも新しいのを参考に来年は頑張ろうといっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 初詣 »

注目アイテム!!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

天気予報

無料ブログはココログ