« 小樽のお菓子 | トップページ | 長野からのお届け物♪ »

2007/01/12

雄綱・雌綱の綱掛け神事

Sd20070112_004 Sd20070112_002 Sd20070112_003 明日香村の雄綱と雌綱は、いわば巨大な「しめ縄」です。

明日香村を流れる飛鳥川では、毎年、この時期、綱掛け神事が行われます。
2本の綱がかけられますが、これがただの綱ではなく、その真ん中に、男性のシンボルと女性のシンボルがついている綱で、1本が雄綱、もう1本が雌綱です。雄綱と雌綱は、別々に掛けます。

毎年、1月11日に雌綱掛けがあります。そして、毎年、成人の日に行われるのが、雄綱掛けです。場所は、雌綱が明日香村の栢森(かやのもり)の集落の入口、雄綱が稲渕の集落の入口です。

詳しい記事はこちら→奈良県明日香村 綱掛け

|
|

« 小樽のお菓子 | トップページ | 長野からのお届け物♪ »

コメント

今晩は、明日香村・・凄いですね。自然と緑・神事始めて聞きました。行って見たい と 思いましたが、もう終わっちゃいましたね。奈良の思い出は、子供の頃九州から修学旅行で一度奈良公園へ行った事です。今・・酒蔵開きが、あちらこちらで行われています。今年こそ行って見様かと思っています。旦那さんが、お酒が、大好きなんです。うさぎは、全然飲めません。時間と旦那さんの休みの調整を考えながら予定を立てています。飛騨と(テレビでみました。)近くは、愛知の半田市・・・常滑市に酒蔵があります。
そちらもありますか?  

投稿: 葵のうさぎ | 2007/01/13 03:05

葵のうさぎさん、コメントありがとうございます。
私が住んでいる関西地方には、京都の伏見や兵庫の灘のように、全国的に酒作りで有名なところがあります。
奈良県にも、小さいですが、造り酒屋さんはたくさんありますよ。
たしか、うちの娘のお友達の実家も、御所にある造り酒屋さんで、金賞の御酒があるとか聞きました(^o^)

投稿: スヌーピー | 2007/01/14 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽のお菓子 | トップページ | 長野からのお届け物♪ »