« 頂きもの。 | トップページ | 伊豆で過ごす最広の休日② »

2006/12/09

伊豆で過ごす最広の休日

01_14 お友達と、旅行に行ってきました~。”伊豆で過ごす最広の休日”というツアー。最高ではなく、最広の休日。今回は、ホテルがリゾートマンションのように広い部屋というコンセプト。

伊豆や伊東の方面に旅行に行くのは初めてだったので、とても楽しみでした。大阪、難波からバスに乗り、浜名湖のインターで昼ごはんを食べました。

02_11 03_8 04_9 05_7 06_7 07_5 08_2

一日目の観光は、修善寺。温泉街の中心部を流れる桂川に沿う遊歩道。
独鈷の湯から続く小経を歩いていくと、茶処や昔懐かしい火の見櫓が散策する人々の目を楽しませ、竹林の中央では大きな竹製の円形ベンチで風を感じることが出来ます。又、時期によりライトアップが行なわれ、温泉街の夜の散策を堪能できるそうです。

「修禅寺」は、弘法大師空海が大同2年(807年)に開基したと伝わる古刹。源頼家が幽閉され非業の死を遂げ、岡本綺堂の戯曲「修禅寺物語」で有名になった頼家ゆかりの古面や、北条政子が寄進した放光般若波羅密教などが宝物館に納められているそうです。

「とっこの湯」は、諸国を行脚中の弘法大師が、桂川で病父を洗う少年を見て心うたれ、トッコ(仏具)で川の岩を打ち霊湯を湧出させ、父子に温泉療法を伝授したという、修善寺温泉発祥の湯だそうです。

30分コース、1時間コース、2時間コースと散策コースがあるので、バスの時間に応じてゆっくり町並みが散策できました(^^♪

                  2日目につづく >>

|
|

« 頂きもの。 | トップページ | 伊豆で過ごす最広の休日② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頂きもの。 | トップページ | 伊豆で過ごす最広の休日② »