« 東京からの贈り物 | トップページ | 安倍文殊院に行ってきました。 »

2006/11/28

談山神社に行ってきました。

T3 T2 T6 T4 T1 T5 T7 T9  T8

T11T10今日は、朝から近くの談山神社に行ってきました~。朝に行ったのに、観光バスがもう10台以上停まっていて、他府県から来られたツアーの観光客の方がたくさんおられました。

舒明・皇極二代の天皇の世、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていました。この時、中臣鎌子(後の藤原鎌足公)は強い志を抱いて、国家の正しいあり方を考えていました。たまたま飛鳥の法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会(けまりえ)があったとき、聡明な皇太子として知られていた中大兄皇子(後の天智天皇)にまみえることができ、西暦645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」の談合を行いました。後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなりました。鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国、父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立した。大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像をお祭りして今日に至ります。

雨上がりの紅葉は、とてもきれいで、石の上などに落ちた落ち葉が、敷き詰められたようでした。

|
|

« 東京からの贈り物 | トップページ | 安倍文殊院に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京からの贈り物 | トップページ | 安倍文殊院に行ってきました。 »