2017/11/24

ベル アメール 京都別邸

11銀閣寺参道に、京都にあるチョコレートの人気店「ベル アメール 京都別邸」の新店が9月にOPENしたそうです。

見た目もかわいいタブレットやボンボンショコラ。
「タブレットショコラ」(1枚756円)は、きなこ味の紅葉や抹茶味の鶴亀など、
和をモチーフにした絵柄などかわいい10種のフレーバー。

枡に見立てたショコラの中に、京都の日本酒や国産茶、国産フルーツのジュレを流し込んでいます。
お酒を使った4種類を含めて、15種類があります。

15 16 1~12月までをイラストで表現しているのが、「ショコラ雅」(1粒260円)。
苺ローズマリー味のうぐいすや
きなこキャラメルのお月見など、1粒で和と洋が味わえるます。
ベル アメール 京都別邸 銀閣寺店 
住所:京都府京都市左京区銀閣寺町75-1
電話:075-771-1005 
時間:9:30~18:00 (LO17:30)
休み:不定休(10、11月はなし)
アクセス:JR京都駅より市バス100系統約40分「銀閣寺前」停留所から徒歩3分

HPはこちら→ここをクリック

| | コメント (0)
|

2017/11/23

京都に行ったら必ず買うもの②

2
SIZUYAのパン。

昭和23年創業の京都市内を中心に23店舗を運営する庶民派ベーカリー「志津屋」。駅ナカにも店を展開していて、京都に暮らす人で「食べたことがない」という人はいないかも。

今回は、サンドイッチにしました。玉子の焼き加減が大好きです。

60年以上の歴史を持つ「志津屋」で、創業以来の伝統の味といえば「元祖ビーフカツサンド」。ボリューム満点のビーフカツは、時間をおいても固くならないように、と揚げすぎに注意しています。最後は余熱を使うのがポイントだそう。ほどよく上がったカツは、焼いて特製ソースを塗ったパンにアツアツのままサンドされます。

この甘辛い特製ソースが絶品! 創業時から変わらぬ製法と味わいが受け継がれています。

| | コメント (0)
|

2017/11/22

京都に行ったら必ず買うもの①

1京都駅に売っている、ゆば庄さんの湯葉ちりめんです。

炊き立てのご飯にとっても合います。

ゆば庄は明治18年創業で130年もの間、京都の有名料亭に湯葉を作り続けてきた老舗です。

湯葉ちりめんは、最高級の湯葉をちりめんじゃこや実山椒、しいたけと一緒にお店特製のダシ醤油で炊き上げた一品で、職人さんが一枚一枚丁寧にすくい上げた湯葉だけを使用しているので、とても口当たりの優しい食感になっています。

湯葉の味、香りが引き立つあっさりとした味付けでご飯のお供に最高です!

| | コメント (0)
|

2017/11/21

京都の紅葉~法然院~

9192939495969798

どうしても行ってみたい所があって、京都に紅葉狩りに行ってきましたmaple

銀閣寺の近くにある、法然院。

法然院は、哲学の道近くにあり、正式な寺名を「善気山法然院萬無教寺」と号する浄土宗系の寺院です。

寺の起こりは、鎌倉時代の初め、法然上人が弟子たちとともに、阿弥陀仏を昼夜に六回拝む六時礼讃を勤めた草庵に由来するといわれます。茅葺のひなびた山門から中に入ると、両側に「白砂壇」という白い盛り砂があります。季節毎に梅や桜、波紋や月、紅葉などに模様が変えられます。

この白砂壇(びゃくさだん)と呼ばれる盛り砂は水を表していて、その間を通ることは心身を清めて浄域に入ることを意味しているといわれます。

99境内の拝観は無料ですが、本堂などの建物内は通常は非公開。毎年、春と秋には建物内の特別公開が行われ、重文の狩野光信筆による襖絵などが拝観できるそうです。
また季節を変えて行ってみたいです。

写真には、ほとんど人は写っていませんが、たくさんの方が紅葉狩りに来られていました。有名はお寺ほどではありませんが、外国人観光客の方もおられました。

少しゆっくり見る事ができて、良かったです。

| | コメント (0)
|

2017/11/20

柿の季節がやってきました

8182奈良県特産の柿。

収穫、出荷の最盛期です。

わが家も、遠くの親戚に毎年送っていますので、今年も「菊井果樹園」さんにおじゃましてきました。

あんぽ柿を作る作業の最中で、家で作る用に少し分けていただきましたhappy01

83早速、皮を剥いて外に吊るしました。

気温も下がってきたので、いい感じに出来上がるといいな~。

| | コメント (0)
|

2017/11/19

秋の奈良公園

6162636465毎年、奈良文化に関わるテーマを取り上げ、実施してきたシンポジウム「フォーラム・NARA」。

昨日は、第4回「文化芸術立国の礎を築く」が大神神社で催され、日本を代表する演出家・宮本亜門さんと、世界で活躍するアーティストの高谷史郎さんの(奈良県出身)講演を聞いてきました。

そして、今日は、平成29年度奈良金春会演能会が奈良春日野国際フォーラムの能楽堂でありました。

芸術の秋を満喫する毎日。奈良公園の紅葉も綺麗でした。

| | コメント (0)
|

2017/11/18

カリフラワー収穫

51畑でカリフラワーを収穫。

子供の頭くらいの大きさsweat01

わが家では、カリフラワーの人気メニューがあります。

一口大に切り分けたカリフラワーを茹で、炒り卵と、炒めたベーコンをマヨネーズで和えるサラダです。

あっという間になくなりました。

| | コメント (0)
|

2017/11/17

今夜はロールキャベツ

4243子供たちが小さかったころは、よく作っていたロールキャベツheart04

コンソメで煮て、特性トマトソースをかけて、フォークとナイフで食べるのが定番。

畑で収穫してきたキャベツ1玉を使って、10個のロールキャベツをつくりましたhappy01

昔と変わらない味に仕上がりましたrestaurant

41

| | コメント (0)
|

2017/11/16

大納言カステラ半月~鎌倉五郎本店~

3132
鎌倉和菓子ブランド「鎌倉五郎本店」から、「大納言カステラ半月」が発売。価格は3個入594円(税別)から。

大納言あずきとザラメをちりばめて、たまご風味たっぷりに焼き上げられた本格カステラを鎌倉五郎本店代表銘菓「半月」の姿に抜き出したお菓子。

きめこまやかな口どけをうみだす国産小麦と風味を豊かにするフランス小麦の2種を厳選、配合し、ふっくら柔らかくたまご風味たっぷりの味わいを実現しているそう。大きなカステラからぽっかり浮かびあがった、“お月様のカステラ”。美しい月のフォルムの秘密は、音速よりも速い水の流れでくり抜く「水流カッター」です。

カステラ作りの伝統と現代の精緻な機械技術の出会いからこの一品が生まれました。
 『大納言カステラ半月 』は、ひとつで半月、ふたつなら満月。

さらに皮がしっかりした大納言小豆を散りばめることでほっくりとした旨みもプラス。底にはザラメを散りばめ、シャリッとした歯ざわりのよさも添えられている。

HPはこちら→ここをクリック

| | コメント (0)
|

2017/11/15

今夜はカニ鍋

2122
急に寒くなりましたね。

北海道で雪が降っているニュースを見ながら、今週末は西日本でも雪かも。。。と天気予報を見ながら。

今夜はカニ鍋ですhappy01

メインはカニなので、具材は白菜とエノキと豆腐くらい。

おなかいっぱい、美味しくいただきましたjapanesetea

| | コメント (1)
|

2017/11/14

わが家の晩御飯

11
今夜は、じゃこご飯。

白身魚のフライには、瓶詰の美味しいタルタルソースをたっぷり付けて。ちょっと贅沢してみました。

付け合わせのサラダは、畑で収穫した野菜です。

ピーナッツかぼちゃのスープ。白菜の酢漬け。

今夜も美味しくいただきましたrestaurant

| | コメント (2)
|

2017/11/13

キャベツが大きくなりました

1キャベツが、子供の頭くらいの大きさに成長しました。

これを、どうして食べようか。

献立を考え中です。

関西人だから、やっぱりお好み焼きは、外せませんよね~happy01

| | コメント (0)
|

2017/11/12

リストランテPEPITAD'ORO(ペピタドーロ)~奈良町~

91929394奈良町にある、リストランテPEPITAD'ORO(ペピタドーロ)さんにランチに行ってきましたhappy01

ランチは2500円のコースにしました。
前菜の盛り合わせがおしゃれでしょう?

有機栽培の野菜を使った『前菜の盛り合わせ』。

ジャガイモのポタージュ。蛸のペペロンチーノ。

写真を撮り忘れたのですが、ランチに付いているパンのフォカッチャがとっても美味しいんですheart04

ランチコースを食べたのに、一緒に行った友達が、カレーも食べてみたいということになり、小さなカレーをプラス。

香辛料が効いた、超本格派のカレーで、私はちょっと苦手な感じでした。。。

PEPITA  D'ORO (ペピタドーロ)
奈良県奈良市今御門28
予約専用TEL050-5890-2525
お問い合わせ0742-25-5533
定休日:月曜日、火曜のランチ、月に2回不定休
水-日11:30-13:30(LO)
火-日18:00-22:00(LO21:00)

| | コメント (1)
|

2017/11/11

市川海老蔵 古典への誘い~芸術の秋~

8182今日は、奈良100年開館に、市川海老蔵さんの古典への誘いを観劇に行ってきましたhappy01

初めに紋付き袴姿で市川新蔵さんが登場。

「古典への誘い」シリーズは、歌舞伎に馴染みのない人に古典の演目を親しんでもらおうという企画。

「身替座禅」「男伊達花廓」の見どころについて端的にユーモアを交えた解説が分かりやすかったです。

今度は、歌舞伎座や南座に本格的な歌舞伎を観に行ってみたいですshine

| | コメント (0)
|

2017/11/10

2回目の松茸~食欲の秋~

717273
少し前のことになりますが、今年2回目の松茸が我が家にやってきました。

今回は、超特大。

たっぷり使って松茸ごはんを炊きましたrestaurant

炊飯器から松茸のいい香りが~note

何杯でも食べられそうです。おこげも最高!

| | コメント (0)
|

«寒い冬のお供に